カネノナルキを開花させるためのヒント

カネノナルキを開花させるためのヒント

クラッスラ属ovataは、翡翠植物としても知られ、庭師の最も初心者でもうまく成長できる一般的な観葉植物です。カネノナルキを開花させるには、その在来の成長条件を模倣する必要があります。水不足、涼しい夜、明るい日は、植物が芽を形成し、最終的に花を形成するように促します。それはちょっとしたトリックですが、冬の終わりにあなたの植物をだまして、かわいい星空の白からピンクの花を作ることができます。

カネノナルキは、主に厚く、光沢のある、肉質の葉のパッドで知られています。これらの多肉植物は栄養繁殖によって繁殖しますが、開花して種子を生産することもできます。 「私のカネノナルキは咲かない」とよく耳にし、カネノナルキが開花しない原因や、気が進まない植物の開花を促進する方法についての情報提供に努めています。

カネノナルキは何年も咲かずに育ちます。彼らの本来の生息地でさえ、植物は花を形成する前に成熟する必要があります。多くの翡翠植物の開花要件の中には、乾燥した周囲環境があります。内部条件は、植物が芽を形成するには湿度が高すぎることがよくあります。

カネノナルキを開花させるには、乾燥した場所に移し、水を差し控え、夜間の気温を下げる必要があります。もちろん、あなたの植物は開花するためのより古い種でなければなりません、さもなければあなたはまだ一輪の花を見つけることができません。適切な設定と環境を考えると、開花していないカネノナルキは、それがまだ繁殖するのに十分な年齢ではないということかもしれません。

jardinexotiqueroscoff.com経由の写真

カネノナルキを開花させる

すべての植物は、開花と結実を促進するために自然に経験するのと同じ環境を必要とします。休眠期間、日長、およびその他の極端な環境条件を必要とするものもあります。

翡翠植物の開花要件は、3つすべての組み合わせです。植物は正確に休眠状態に入るわけではありませんが、芽が形成される前に休眠期間が必要です。日が短くなるにつれて、水やりを減らし、施肥しないでください。

秋の間、植物を60°F(12°C)の領域に保ちますが、凍結から保護します。花は一年で最も短い日頃に形成され始め、冬の終わりから春の初めに咲くはずです。これらの星空の小さな花は、枝の先端でクラスター状に生成され、短命です。

花が色あせて茎が茶色になったら、開花茎を切り落とすことができます。春が進むにつれて水と温度を上げ始めます。夏には、植物を徐々に屋外に移動し、灼熱の太陽光線からある程度保護されているが、ほとんどの日は明るい場所に移動します。

土壌の表面が乾燥しているときに水をまきます。カネノナルキは混雑するのが好きなので、大きな容器に植え替える必要はめったにありませんが、3年ごとに新鮮な土壌が必要です。花が咲いた後、夏に植物を屋外に移動する少なくとも1か月前に植え替えます。屋内に残された植物の多肉植物には適切な培養土を使用しますが、屋外に持ち出される植物には腐植土が少し含まれます。

春から晩夏にかけて、毎月希釈したバランスの取れた液体肥料で施肥してください。しかし、植物はこのまれな花の光景のために十分なエネルギーを蓄えるのに時間が必要なので、毎年の開花を期待しないでください。

出典:gardeningknowhow.com

リンク

  • 属に戻る クラッスラ
  • 多肉植物:学名、一般名、属、家族、USDA耐寒性ゾーン、起源、または属別のサボテンで多肉植物を閲覧する

今すぐ購読して、最新のニュースやアップデートを入手してください。





ヒント2: カネノナルキを屋内に植える方法

屋内でカネノナルキを育てる方法を学ぶときは、以下の基本的で簡単な手順に従う必要があります。

ステップ1

小さな塗りつぶし ポット (底に水はけ用の穴があります)約50%が水はけが良い 。最良のタイプの土壌は、豊かで乾燥しています。

次に、25%のオーガニックを追加します 堆肥 急速な成長を促進するのに役立ちます。

ステップ2

次に、カネノナルキを鍋に入れます。ポットの上部の少し下に根球(根が植物と出会う場所)を植える必要があります。

土と堆肥の混合物で根球を覆います。カネノナルキの葉や針を決して覆わないでください。

ステップ3

その場合は、小さな白い小石で土を覆うことを強くお勧めします。

これは蒸発を最小限に抑えるのに役立ち、ポット内の熱を保持するのにも役立ちます。これは、寒い気候に住んでいる場合に最適です。

ステップ4

他の多肉植物とは異なり、カネノナルキに水をやることができます。

カネノナルキを水中に放置しないでください。水やりの合間に完全に乾かします。

カネノナルキを水やりしない理由は、水が多すぎると根腐れを引き起こす可能性があるためです。これはあなたの多肉植物を気絶させたり、殺したりする可能性があります。

ステップ5

カネノナルキは、最もよく育つために少なくとも8〜10時間の日光を好みます。

これを行うには、北半球に住んでいる場合は西または南に面している窓の前に、南半球に住んでいる場合は西または北に面している窓の前に配置する必要があります。

あなたがあなたの窓を通して十分な日光または熱を得ると思わないならば、あなたは購入したいと思うでしょう 軽くなるヒートマット.

葉が茶色になり始めたら、日光が多すぎる可能性があり、夕方の時間帯に植物を日陰に置きたいと思うでしょう。

この多肉植物は、適切に成長するために華氏50度を超える熱を好むことにも注意する必要があります。

ステップ 7

他の多肉植物とは異なり、成長期には20-20-20ミックスでカネノナルキに肥料を与える必要があります。

のいずれか これら 肥料は大丈夫です。

ステップ8

カネノナルキはゆっくりと成長し、1年にわずか3〜6インチです。

あなたの植物がそれより速く成長していることに気づいたら、あなたはそれを新しい容器に移すべきです。

カネノナルキは、現在の2倍の大きさの容器に移すことをお勧めします。


翡翠を育てる方法

マット・ギブソン

多肉のカネノナルキは、非常に一般的なものもあれば、特定の地域や文化に固有のものもある、代替名の長いリストがあります。翡翠の他に、この植物は、金のなる木、赤ちゃんの翡翠、(中国または日本の)ゴムの植物、矮性のゴムの植物、赤ちゃんの翡翠、翡翠の木、金のなる木とも呼ばれます。

カネノナルキは温暖な気候の多肉植物で、通常は屋内の暖かく乾燥した地域で栽培されますが、USDAの栽培ゾーン11〜12で屋外に植えることもできます。ほとんどの米国地域では、寒い季節が終わりです。屋外に残された多肉植物が分解して地球に戻るために。飼い主が世話をし、大切にしている多肉植物は、気温が50度を下回ったら、冬に持ち込む必要があります。 。

カネノナルキは多肉植物であるため、2つの簡単なルールに従う限り、成長と手入れが非常に簡単です。第一に、ふっくらとした葉が午後の強い日光に直接触れすぎないように注意してください。第二に、あなたが何をするにしても、それを水に浸すことはありませんが、あなたが過去に世話をしたかもしれない他の多肉植物と同じようにそれを扱ってください。

ケアの指示は信じられないほどシンプルで従うのが簡単です。ルール1と2の警告に注意すれば、あなたは実質的に翡翠の成長の専門家です。残りは裸足で夏の牧草地を散歩するのと同じくらい簡単です。

カネノナルキを生かしておくためにあなたがしなければならないのは、それを主に暖かくて乾燥した環境に保管し、深い水やりの間に完全に乾かすことです。ただし、強調しないでください。この記事の後半で、ジェイドの世話をする方法について説明します。

象徴的に、カネノナルキは幸運と経済的繁栄を表しており、私たちは皆、これらの非常に求められている切望された宝物の両方をもっと使うことができました

翡翠の成長条件

翡翠は、提供される環境のあらゆる側面について非常にうるさいわけではありませんが、ケアの指示が非常に詳細で具体的になった場合は、新しい翡翠の植物に特別な注意を払う前に、それらに注意深く従う必要があります。あなたが世話をしているふっくらとした緑の多肉植物の特定のニーズ。次の各セクション全体、特にこれを読んでください。

水やり –過剰な水やりは根腐れにつながる可能性があり、翡翠植物の根系に定着したら対処するのは負担の獣です。水中での水やりも避けてください。葉が失われたり、葉が縮んだり、葉の斑点ができたりします。では、この水やりの問題をどのように解決し、カネノナルキが繁栄するのに必要な適切な量の水分補給を得るにはどうすればよいでしょうか。トリックを知ったら、水やりのルーチンを科学に落とし込むのは実際には非常に簡単です。

翡翠や他のほとんどの温暖な多肉植物では、水をやることを思い出させるためにタイマーやスケジュールを使用する必要はありません。代わりに、乾いた指や親指で土壌の表層に水分がないか時々確認してください。最上層が触ると乾いたら、カネノナルキに背の高いコップ一杯の水を飲ませます。水分レベルを少なくとも1日2回、毎日監視して、長時間水をやりすぎたり、水をかけすぎたりして植物にストレスを与えないようにします。また、水をやったものがわからなくなった場合に備えて、最後に翡翠に水をやったときのログを記録しておくと役立ちます。最終的に、翡翠の最上層が手で触れて乾き、再び水をまく準備ができたときのパターンに気付くでしょう。

翡翠を植えたり植え替えたりした後の最初の数週間は水やりをスキップすることも重要です。移転のすべての興奮の後、根系が落ち着くまでに時間がかかるからです。カネノナルキに季節の最初の浸漬を与える前に、4〜7日間水を差し控えてください。

–カネノナルキの土壌混合物を選択する際に考慮すべき最も重要な要素は、十分な排水です。理想的には、多肉植物とサボテンのために特別に作られたポッティングミックスを購入することができます。ただし、家に食材がある場合は、いつでもガーデニンググローブを着用し、信頼できるスペードと大きな容器を手に取り、ジューシーでサボテンに優しい独自の土壌ベースを作ることができます。次のレシピはどちらも砂漠の植物の生活をサポートするために作られています。ここにあるミックスは、サボテンと多肉植物の両方に見事に機能します。

標準の培養土とパーライトの2:1の比率は、ジェイドにとってはうまく機能するはずですが、店で購入した新鮮な培養土のサボテンとジューシーな袋は、土の土台を作るのに高すぎないはずです。自分の土壌を購入する場合は、サボテンとジューシーなミックスに健康的な有機物を加えて、翡翠に栄養を与えます。あるいは、以下のレシピは過去に私の庭のベッドの多肉植物でうまく機能しました、そしてあなたがそれを試してみるとそれはあなたのためにうまくいくでしょう:

日光 –すべての種類の翡翠には、1日あたり少なくとも4時間の日光への露出を提供する必要があります。若い植物は、特に夏の間の暑い時期には、直射日光にさらされないようにする必要があります。より大きく、より確立された翡翠植物は、特に涼しい朝の時間帯に、より直接的な太陽の接触を処理することができます。幸運な観葉植物の健康と成熟には、完全な日光への露出が不可欠ですが、直射日光が多すぎると、植物の葉が焦げて、見苦しい火傷や傷跡が生じ、今後数年間は植物に印が付けられます。

温度 –カネノナルキは、日中は65〜75 F、夜は快適に肌寒い50〜55Fの日中の気温で最も効果を発揮します。そうは言っても、カネノナルキが日中にたくさんの日光を浴びると、私たちよりもさらに高い温度でうまく機能します。

翡翠を植えて植え替える方法

まず、多肉植物のトップヘビーな性質をサポートしながら、ジェイドの小さなベースをサポートするように、適度な深さの広くて頑丈なポットを選びます。理想的には、選択したコンテナは、カネノナルキの根元と、大きくて扱いにくい上半身の重い胴体をしっかりと収納し、不器用なカネノナルキが転倒してコンテナを放棄することを決定しないようにします。

翡翠は成長の早い植物ではなく、ぴったりと収まる容器を好むので、新しい家を与えるたびに大きな鍋を必要としません。ただし、3〜4年ごとに土壌を交換する必要があるため、以前にタスクで使用したものと同じサイズまたは少し大きいコンテナにカネノナルキを植え替える必要があります。

翡翠の世話

カネノナルキは、ポットの土壌の表面が蒸留水またはろ過水で触れて乾いたら、特にお住まいの地域の水道水にナトリウムが多い場合は、水をやる必要があります。翡翠には、毎日少なくとも4時間の直射日光(できれば朝)を当てる必要があります。観葉植物用の水溶性肥料を使用して、カネノナルキに時々餌を与えます。 3〜4か月に1回、カネノナルキに餌を与えます。新しい移植片と移植されたカネノナルキの最初の施用前の3か月間は餌を与えないでください。月に1〜2回、湿らせた布で両面の葉を拭き取ります。このタスクは、屋内のほこりの粒子と、植物の害虫の問題の90%(ワイプダウン時に存在する場合)を効果的に除去します。

動物のための翡翠毒性警告!

犬、猫、馬の飼い主に注目!カネノナルキの植物の一部を摂取すると、犬、猫、馬に有毒です。少量のカネノナルキを摂取すると、嘔吐、うつ病、協調運動障害、バランスの欠如の兆候がすぐに現れる可能性があります。摂取の兆候が1つ以上見られる場合は、APPC(888)426-4435に電話するか、できるだけ早くペットを獣医に連れて行ってください。したがって、屋内のカネノナルキを手の届かない場所に移動し、好奇心旺盛なペットの仲間がめったに探索しない部屋の安全な場所に移動して、屋内のペットから遠ざけてください。たとえば、寝室やオフィスエリアの空の棚の高いところなどです。屋外で翡翠を育てる場合は、馬がさまざまな植物を食べたり軽食をとったりするのが好きな畑や、犬や猫などの他の愛するペットが時折歩き回って屋外の世界を探索する場所から遠ざけてください。

庭の害虫と翡翠の病気

幸いなことに、ジェイドは害虫の蔓延に深刻な問題はありませんでしたが、茎や葉の下側にコナカイガラムシやカイガラムシが生息していることが知られていますが、庭のホースからすばやく水を吹き付けるだけで簡単に取り除くことができます。

カネノナルキに関連している病気はすべて、水やりの問題によって引き起こされています。散水サイクルを調整すると、カネノナルキを悩ませている病気の兆候は見られなくなります。ただし、カネノナルキに影響を与える最も一般的な病気の要因は、根腐れ、葉の落下、うどんこ病、しわが寄った、またはしわの寄った葉、またはスクイーズ、水浸しの葉です。

翡翠に関する一般的な質問と回答

エリン・マリッサ・ラッセル

カネノナルキは日光を浴びすぎることがありますか?

カネノナルキが明るい直射​​日光に慣れていない場合、一度に多くを得る可能性があります。これが起こると、あなたの植物の葉は日焼けと呼ばれる茶色の斑点で燃えます。翡翠を慣れているよりも日光が当たる場所に移動したい場合は、徐々に移動する必要があります。カネノナルキを赤ちゃんのステップでより多くの太陽に当て、明るい場所に毎日少し長く置いておくことで、移行を容易にし、日焼けを防ぐことができます。

植物を新しい環境に徐々に導入するこのプロセスは、硬化、または低温順化と呼ばれます。植物を日当たりの良い明るい場所に移動する場合でも、寒い気候に慣れさせる場合でも、同じように機能します。それを行う方法については、記事「植物の硬化:一般的な読者の質問と回答」ですべて学ぶことができます。

カネノナルキは日光なしで生き残ることができますか?

カネノナルキは、他のいくつかの植物が必要とするよりも少ない日光でうまくいきますが、生き残るためにはまだ太陽への露出が必要です。間接的な日光は問題ありませんが、カネノナルキは毎日5〜6時間の日光を浴びる必要があります。カネノナルキを窓のない部屋の屋内に置きたい場合は、植物が見逃してしまう太陽の代わりに、1日6〜8時間グローライトを使用できます。

トイレにカネノナルキを入れてもいいですか?

あなたのバスルームがあなたのカネノナルキに少なくとも1日5時間太陽を提供する窓である限り、あなたはバスルームでカネノナルキを育てることができます。バスルームに窓がない場合でも、グローライトを1日6〜8時間使用すれば、そこで翡翠を育てることができます。家のどの部屋でも同じように、バスルームのカネノナルキの世話をします。翡翠を流し台、シャワー、浴槽に近づけすぎないようにして、湿気が多すぎないようにします。カネノナルキが人の邪魔にならない場所を選択してください。そうすれば、人がカネノナルキにぶつかったときに、カネノナルキにぶつかったり、葉が折れたりするリスクがなくなります。

これらのブレンドはあなたの翡翠植物が必要とする排水を提供するので、多肉植物のために特別に設計された培養土ブレンドにあなたの翡翠を植えてください。最初の1か月間、植物はコンテナに入れられ、週に1回水を与えて、強力で健康的な根系の発達を促します。最初の月の後、あなたのカネノナルキは、日が長くて日当たりの良い春の終わり、夏、そして初秋に毎週水をやる必要があります。今年の残りの期間、晩秋、冬、早春の短くて涼しい日には、隔週で半分の頻度でカネノナルキに水をやります。新しい成長がその形を保つのを助け始めたら、3月にあなたのカネノナルキを剪定します。観葉植物用の水溶性肥料を年に2回与えます。

夏の間、カネノナルキを屋外に置くことはできますか?

カネノナルキを夏の間屋外に移動することは、屋外に降り注ぐより明るく直射日光に徐々にさらす限り可能です。寒冷順応とも呼ばれる「硬化オフ」戦略を使用して、移行を容易にします(寒い天候の場合と同じように、暖かく明るい天候でも機能します)。あなたはそれについてのすべてを植物の硬化に関する私たちの記事で読むことができます。徐々に移行しても、カネノナルキを直射日光に当てたくないでしょう。部分的な日陰またはまだらの太陽がうまく機能します。寒さが戻ってきて気温が華氏40度に下がったら、カネノナルキを中に戻しましょう。

翡翠は暗い場所で育つことができますか?

翡翠は暗い場所ではあまり適しておらず、暗い場所で育てた場合は脚が長く、健康状態が悪くなります。カネノナルキは毎日少なくとも5時間の日光を必要とします—間接的な日光は問題ありません。太陽を入れる窓のない部屋にカネノナルキを置きたい場合は、代わりに1日6〜8時間グローライトを使用できます。

カネノナルキは食べられますか?

カネノナルキは人間に対して軽度の毒性があるため、食べてはいけません。下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。あなたまたはあなたの子供がカネノナルキを食べたことがある場合は、医師に連絡するか、800-222-1222の毒物管理センターに電話してください。

カネノナルキを水に根付かせることはできますか?

水に根を張ることは、カネノナルキを根付かせるための最良の方法ではありません。水中では、挿し木が腐ったり、根が発達しなかったりすることがあります。ただし、水を使わずに翡翠の挿し木を繁殖させるのは簡単です。まず、茎の挿し木または葉の挿し木を行うことができますが、葉の挿し木は、茎の挿し木よりも成熟した植物に成長するのにはるかに長い時間がかかることに注意してください。最速の結果が必要な場合は、茎の挿し木を選択してください。

夏はカネノナルキを繁殖させるのに最適な時期です。自然に折れたり落ちたりしたカネノナルキの枝を根付かせたり、植物を剪定したときに切り抜きを使用したりできます。自分で切断したい場合は、始める前に小さじ1杯の漂白剤を2カップの水で希釈して切削工具を滅菌します。樹液、ジュース、とげは軽度の毒性があり、一部の人には皮膚の炎症を引き起こすため、翡翠を扱うときは手袋を着用してください。

長さが1〜3インチで、葉がたくさんある茎のセクションを選択します。葉を取り除くと、切り口の底からだけでなく、葉の接合部から翡翠が根付くので、いくつかの葉を取り除くと、物事が簡単になります。安全で乾燥した場所(窓辺など)に植える前に、カッティングを数日間放置して、乾燥させてカルスを発達させます。このようにカッティングを硬化させると、カッティングを植えるときに腐敗が発生するのを防ぐのに役立ちます。大きなセクションは硬化に時間がかかるので、小さなカットに必要な数日よりも長く座らせてください。

葉から繁殖する場合は、根元を下にクリップして、葉と一緒にできるだけ多くの茎を含めます。茎の挿し木のように葉を治すために座る必要はありませんが、必要に応じて、数日間座らせることができます。ただし、葉が2、3日以上硬化しないようにしてください。そうしないと、枯れて死んでしまう可能性があります。そうすれば、それは伝播には役に立たない。

植える前に挿し木に発根ホルモンをまぶして、挿し木が根付く可能性を高めることができます。ホルモンを使用すると、発根プロセス全体がより迅速に進みます。発根ホルモンを使用したい場合は、刈り取りを植える前に、茎や葉の切り口に塗布してください。

翡翠を育てる容器に、特に多肉植物用の培養土ミックス、または粗い砂とパーライトを含む自家製ブレンドを入れます。カネノナルキは、すべての多肉植物と同様に、繁栄するために十分な排水が必要です。コンテナには、成長しているすべての植物用の排水穴も必要です。茎を切る場合は、指を使って土にくぼみを作り、翡翠の茎を穴に入れます。茎の周りの土を軽く押して直立させ、茎の周りに残っているスペースを埋めます。葉から繁殖する場合は、単に土の表面に置くか、必要に応じて、葉の切り口に薄い土の層を追加します。

あなたの刈り取りが根を発達させ、それ自体を確立している間、完全な直射日光から離れた保護された場所をそれに提供してください。また、根が発達するまで、カネノナルキに水をやらないでください。植物の上部から新しい成長が現れるのを見ると、あなたの刈り取りが根を伸ばしていることがわかります。通常、2、3週間ほどかかります。その後、いつものように水やりを開始し、水やりの合間に土を完全に乾かして、カネノナルキを置きたい場所に移動します。

カネノナルキは小さな鉢が好きですか?

多くの人が、カネノナルキは他の植物よりも小さい鉢で育つことが好きだと報告しています。一部の園芸家は、カネノナルキをコンテナに根付かせることを好みます。翡翠を小さな容器に入れて根を張ると、植物のサイズも小さくコンパクトに保たれることに注意してください。それでも、春には時々翡翠を植え替える必要があります。若い植物の場合は2〜3年ごと、古い植物の場合は4〜5年ごとです。

カネノナルキは霧が発生するのが好きですか?

カネノナルキは、いくつかの観葉植物のように霧をかける必要はありません。植物に水をやるだけで、水やりの合間に土壌が乾きます。平均して、カネノナルキは春の終わりから秋の初めまでの成長期に週に1回水をやる必要があります。秋半ばから春先までのカネノナルキの休眠期間中は、隔週で水をやります。

ただし、コンテナの材質、使用する土壌の種類、湿度、天候など、植物に水をやる頻度を変える可能性のある変数はたくさんあります。カネノナルキの近くに指を刺して土壌をテストします。湿った感じや土壌が指に付着している場合は、まだ完全に乾いていないので、植物への水やりは控えてください。水やりの合間に土を完全に乾かします。

カネノナルキはたくさんの日光を必要としますか?

カネノナルキは一部の植物ほど多くの日光を必要としませんが、カネノナルキは毎日少なくとも5時間の日光を必要とします。間接的な日光は問題なく、カネノナルキを直射日光にさらしすぎると、焦げた葉が日焼けするのを防ぎます。窓のない部屋のように、太陽のない場所で翡翠を育てたい場合は、代わりに1日6〜8時間グローライトを使用できます。カネノナルキに十分な光が当たらない場合は、植物が日光を求めて手を伸ばすと、成長が阻害されたり、形が脚の長い回転したりする可能性があります。

カネノナルキは酸素を生成しますか?

すべての植物は、光合成のプロセスを使用して日中に酸素を生成します。光合成では、植物は太陽のエネルギーを使って水と二酸化炭素を酸素と炭水化物に変えます。植物は、生成する酸素の一部を保持し、それを使用して、使用できるエネルギーを生成するために生成した炭水化物を分解します。次に、植物は残りの酸素を光合成プロセスから周囲の空気に放出します。

カネノナルキはどれくらい大きくなりますか?

適切に手入れされ、十分な大きさの容器が提供されている場合、いくつかの種類のカネノナルキは高さ10フィートまで成長する可能性があります。その他の高さは最大5フィートです。カネノナルキを小さな容器に入れて根に縛り付けられるようにすると、その成長が妨げられ、小さく保たれます。日光が不足すると、カネノナルキの成長が妨げられる可能性もあります。カネノナルキが成長するには、毎日少なくとも5時間の日光が必要です。

カネノナルキを開花させるにはどうすればよいですか?

カネノナルキが成熟してピンクと白の小さな花に咲くまでには数年かかります。庭師は、カネノナルキの開花を促すのに理想的な条件を確保するのに役立ちます。要するに、カネノナルキが開花する必要がある条件は、水不足、日中の明るい日光、そして夜の涼しい気温です。夏が秋になり日が自然に短くなるときは、開花したいカネノナルキに与える水分を減らし、肥料を与えるのをやめます。気温が華氏約60度の乾燥した場所にあることを確認し、植物を凍結から保護します。最初のつぼみが現れ、次に花が咲きます。花は一年で最も短い日に形成され始め、冬の終わりから春の初めに咲くはずです。

カネノナルキに根腐れがあるかどうかはどうすればわかりますか?

根腐れは植物をしおれさせ、葉を色あせたり黄色に変えたりします。また、根だけでなく、フワフワした、ぬるぬるした、または変色した葉が見られる場合があります。カネノナルキに根腐れがあるかどうかを判断するには、慎重に掘り下げて、健康な根の淡い色ではなく、ぬるぬるした質感や茶色の色がないか根を調べる必要があります。 2カップの水で希釈した小さじ1杯の漂白剤で滅菌した鋏を使用して、影響を受けた根、茎、または葉を切り取る必要があります。根腐れは水分が多すぎるために発生するため、根腐れが再発しないように、散水スケジュールや植物の場所を変更してください。根腐れの予防と治療について詳しくは、記事「茎と根腐れと戦う方法」をご覧ください。

カネノナルキが水没しているかどうかはどうすればわかりますか?

カネノナルキの水やりは簡単です。水やりは、庭師が最も一般的に翡翠で直面する問題の1つです。カネノナルキの水分が多すぎるかどうかを確認する方法は次のとおりです。土壌は水浸しになり、触ると濡れているように見えることがあり、根は、ぬるぬるした、どろどろした食感、または淡い白やクリームではなく茶色になる変色など、根腐れの症状を示します。水をやりすぎた翡翠の植物の葉は、黄色に変わったり、触ると柔らかくてフワフワした感じになったり、乾いたり、植物から完全に落ちたりすることがあります。

水をやりすぎたカネノナルキは、十分な水が得られていない植物によく似ています。それは直感に反するように思えるかもしれませんが、水をやりすぎると根腐れや植物の根の死につながる可能性があり、その結果、植物が土壌から栄養分を吸収したり水を取り入れたりすることができなくなるため、症状は似ています。 2つの問題を区別し、カネノナルキが水没したか水没したかを判断する最良の方法は、葉に頼るのではなく、土壌と根の症状を確認することです。どちらの問題が発生しても、葉はほとんど同じように見えるからです。 。

水をやりすぎたカネノナルキを救うには、まず飽和土壌から新鮮な乾燥した培養土に入れて、新しいスタートを切ります。特に多肉植物やサボテンには土壌混合物を使用する必要があります。または、パーライトや粗い砂をたっぷり使って自家製の混合物を作成し、カネノナルキに十分な排水を与えることができます。土を取り替えるときは、水浸しの土を指でできるだけ多く翡翠植物の根から取り除く機会を利用してください。

根腐れを示す粘り気や変色が見られる場合は、影響を受けた根を切り取る必要があります。小さじ1杯の漂白剤と2カップの水を混ぜたもので滅菌したきれいな園芸鋏を使用してください。ぬるぬるしたまたは茶色の根をすべて取り除き、健康で薄い根だけが残るようにします。漂白剤溶液で再び鋏を滅菌します。次に、健康な根を少し切り取って、カネノナルキがそのエネルギーを使って新しい根を開発するように促します。これは、植物が回復するために必要です。鋏を片付ける前に、もう一度鋏を殺菌してきれいにしてください。

カネノナルキが少し元気になり、根と土が完全に乾くまで、カネノナルキに水をやらないでください。根腐れが再発しないように、散水スケジュールを調整してください。原則として、カネノナルキは、春の終わりから秋が始まるまでの成長期に毎週水をやり、その後、秋の真ん中から春の真ん中まで隔週で水をやります。

ただし、さまざまな条件によって個々の植物のニーズが変わる可能性があるため、水やりをするときにカネノナルキの周りの土壌がまだ湿っている場合は、このスケジュールに固執しないでください。土が完全に乾いたときにのみ、カネノナルキに水をやります。植物の近くの土壌に指を刺すことで、水分レベルをテストできます。土が肌にしがみついている場合は、まだ湿っているので、まだ植物に水をやるべきではありません。湿度の高い気候の庭師は、月に1回のように、カネノナルキに水をやる頻度を大幅に減らす必要があります。植物がより多くの水を必要とするときをあなたに伝えるために土壌試験に頼ってください。

カネノナルキに水が必要かどうかはどうすればわかりますか?

植えた土が完全に乾いたら、カネノナルキに水をやります。あなたはあなたの植物が成長している場所の近くでそれに指を刺すことによって土壌をテストすることができます。触ると湿っていたり、土が肌に付着していると感じた場合は、まだ植物に水をやる時間ではありません。カネノナルキに水をやるときは、コンテナの排水穴から水分が滴るまで、深く水をやります。植物が休眠しているときは、秋の真ん中から春の真ん中まで、成長期よりも多くの水を供給しないでください。

カネノナルキをより速く成長させるにはどうすればよいですか?

さまざまな方法で好みに応じることで、カネノナルキの成長を早めることができます。まず、カネノナルキの最適な温度は、日中は華氏65〜75度、夜間は華氏55〜65度です。気温が40度以下の場合は、カネノナルキを屋外に放置しないでください。40度のマークは、カネノナルキを屋内に持ち込むための合図です。カネノナルキも1日あたり少なくとも5時間の日光を必要とし、それ以上になるとさらに幸せになります。家の中に日光が当たる場所に植物を置く場所がない場合は、代わりに1日6〜8時間グローライトを使用します。

成長期(春の終わりから秋の初めまで)に、カネノナルキに10-20-10肥料または多肉植物とサボテン用に作られた肥料を与えます。 Follow the manufacturer’s instructions for dosage and frequency. Give your jade plant enough water (but not too much) to help it thrive. A good rule of thumb is to water weekly during the growing season and every two weeks while the plant is dormant, but don’t stick to this guideline if it doesn’t make sense for your specific conditions. You’ll know it’s time to water your jade plant when the soil has dried out completely, which you can check by inserting your finger into the soil near the plant. If it feels damp or any soil sticks to your skin, that means it’s not yet time to water your jade plant.

Finally, although you’ll often hear that jade plants like to be kept in small containers, doing so does limit the size your plant can achieve. For maximum growth, upgrade the size of your jade plant’s pot every two or three years. With the proper care, your jade plant can stretch to a height of 10 feet.

How do you care for a jade plant outside?

While many gardeners keep jade as a houseplant, others move their plants outdoors when the weather is warm enough. Gardeners in USDA hardiness zones 10 and 11 can leave their jade plants outdoors year-round. The bottom line is that jade plants should be brought indoors whenever the temperature dips to 40 degrees Fahrenheit or below. Jade plants kept outdoors year-round can be grown directly in the soil, but gardeners who will be bringing their jade plants indoors when it gets cold should choose to grow them in containers to make them easy to move around.

Jade plants need a soil that drains quickly, so a sandy loam soil is ideal. You may need to amend your soil to make it suitable for jade plants. For specifics on how to amend your soil, refer to our articles “Amending Clay Soils”, “How to Amend Sandy Soil”, or “Organic Soil Amendment 101.” Soil is one of the most important considerations, as jade plants situated in soil with poor drainage, clay, or compacted soil may suffer from root rot, crown rot, and fungal diseases.

When it comes to sunlight, choose a location where your jade plant will get at least five hours of sun each day. More than that doesn’t hurt, but if you live somewhere that gets especially hot, pick a spot for your jade plant where it will be shaded from the heat of the afternoon. Water your jade plants deeply once a week during their growth period (late spring to early fall) and every other week when they’re dormant (the middle of fall to beginning of spring). Also during the growing season, provide your jade plant with a fertilizer for cacti and succulents, referring to the manufacturer’s instructions for dose frequency and quantity.

How do you fertilize a jade plant?

Use a fertilizer blend that’s especially for cacti and succulents, or a 10-20-10 blend. Feed your jade plants during their growing season, which begins in late spring and ends in early fall. Follow the manufacturer’s instructions to determine how much fertilizer to use and how often to apply it.

How do you grow a jade plant from a broken stem?

When the stem breaks off, before you plant it, allow it to sit out for at least a few days to dry out a bit and develop a callus over the broken end. This curing period helps to prevent root rot from setting in once the jade is planted. After a few days, for best results, use a rooting hormone treatment on the broken end of the stem. This step is optional, but the rooting hormone makes plants more likely to take root and speeds up the rooting process. Choose a container with drainage holes, and fill it with a potting soil made for succulents and cacti or a homemade mix containing perlite and coarse sand. Use your finger or a pencil to make a hole in the soil, then place the stem of the broken part of the plant into the hole. Press the soil around the jade plant to fill in around the stem and support the plant to stand upright. Water it lightly, and then let the soil dry out completely between waterings.

How do you grow a jade plant from a leaf?

To grow a jade plant from a leaf, simply lay the leaf on the surface of the soil where you want to plant the jade, or you can lightly cover the broken end of the leaf with soil. If you are cutting the leaf from the plant instead of using a fallen leaf, make sure to cut as far down as possible and use clean, sterilized shears. You can mix a teaspoon of bleach with two cups of water to create a sterilizing solution. You do not need to let the leaf sit out to cure or dry out like you would a stem cutting of jade, but if you want to, only let it cure for a few days. Any longer, and the leaf will wither and die.

How long do jade plants live?

Jade plants live quite a long time. It isn’t odd for a plant to have been growing for decades, and some have even lived to be 100.

How long does it take for a jade plant to root?

On average, it takes two or three weeks for a jade plant cutting to start growing roots.

How many types of jade plants are there?

There are 300 types of jade plant, according to the Invasive Species Compendium by the Centre for Agriculture and Bioscience International.

Is jade plant indoor or outdoor?

Jade can be grown indoors as a houseplant or outdoors year-round in USDA Hardiness zones 10 and 11. In other zones, gardeners can grow jade indoors and take it outside when weather permits. Jade flourishes in temperatures from 65-75 degrees Fahrenheit during the day and 55-65 degrees at night, but it must be brought indoors once the temperature dips to 40 degrees or below.

Is jade plant poisonous to dogs or cats?

In addition to being toxic to humans, jade plants are poisonous to dogs and cats. If consumed, pets may experience vomiting, lack of coordination, or depression. If you think your pet has consumed part of a jade plant, contact your veterinarian or the ASPCA’s Animal Poison Control Hotline at 888-426-4435.

Is jade plant poisonous to humans?

Jade is minorly toxic to humans. Consumption can cause diarrhea and vomiting, and some people experience skin irritation if they come into contact with the sap, juice, or thorns. If you experience symptoms of poisoning from jade, contact your doctor or call the Poison Control Center at 800-222-1222.

Should I stake my jade plant?

Jade is a delicate plant and does not respond well to staking, as it can lead to injury or breakage. If your ja

What do you do when a jade plant drops leaves?

There can be a variety of reasons for a jade plant to drop its leaves, which means there are several ways you can approach treatment to resolve the problem. First, if you’re using a fertilizer that has a low first number and high second number, consider changing to one with a higher second number, or a liquid fish fertilizer. The nitrogen in these fertilizers will nourish your jade plant’s foliage more than a blend with a higher second number, which supports blooming.

Your jade plant may drop leaves if it’s overly hydrated or not hydrated enough, so also ensure that your jade plant is getting enough water. You should be watering the plant when the soil goes dry without allowing it to get parched or remain dry for long periods. When you water, make sure to do so deeply enough. You should be watering until the moisture drips from the drainage holes of your plant’s container. If you’re doing these things, it may be that you’re watering too soon. Test your soil by inserting a finger near the plant, and don’t water until the soil is so dry it doesn’t stick to your skin.

Finally, insects like mealybugs or scale could cause leaves to drop, so fight bugs with a homemade spray of four or five drops of dish soap and a teaspoon of neem oil mixed into a liter of warm water. You can also treat for insects by brushing your plant’s foliage with a cotton ball doused in rubbing alcohol.

What does scale look like on a jade plant?

Scale insects can be hard to detect because they don’t resemble what we think of as insects. They look more like small brown bumps that appear on the back of your plant’s leaves or on stems. You’ll also see the effect of scale on your plant in yellowed leaves or leaves that fall off the plant. To get rid of scale, first remove the insects by hand, gently scraping to remove them with your fingernails or a gardening tool sterilized with bleach or rubbing alcohol. You can make a homemade spray treatment to fight scale with a tablespoon of dish soap and a cup of rubbing alcohol mixed into a quart of water. For a two-week treatment period, spray your plant with this mixture every three days. You can read more about scale in our article “How to Control Scale Insects.”

What kind of soil do jade plants like?

Jade can’t stand soil that’s too wet, so good drainage is the top priority. A soil blend designed especially for cacti and succulents does the trick, or you can make a homemade potting soil by mixing peat and organic material with coarse sand and perlite. If you’re planting your jade outdoors and your soil already offers plenty of drainage, you might amend it with some organic material to make it a bit heavier. Jade plants tend to be heavy at the top, but their roots are shallow, so the can use the added heft in the soil to keep them upright.

When should I repot my jade plant?

You’ll often hear that jade plants like to be rootbound or prefer small containers. Although this is true, you still need to upgrade the size of their container every so often. For young jade plants, go up a size every two or three years. More mature plants can be repotted into a larger container every four or five years.

Where should you place a jade plant?

When you’re choosing a spot for your jade plant, the most important considerations are the soil and light a location provides. If you’re keeping your jade plant indoors, choose a spot where it will get at least five hours of sunlight per day—indirect sunlight works just fine. If you can’t find a spot with that much sun in your home, you can substitute six to eight hours per day with a grow light. Outdoors, the sun requirement is still at least five hours per day. However, in especially hot areas, your jade plant will benefit from some shade in the afternoon. Aim for dappled or partial sun instead of full, direct sunlight for the entire day to prevent sunscald. When it comes to soil, drainage is key, as jade plants don’t tolerate overly moist soil well. You can use a store bought blend meant for succulents and cacti, create your own potting mix, or amend your soil if you’re planting jade directly in the ground. A homemade potting mix should consist of peat and organic material mixed with coarse sand and perlite. If your own soil doesn’t provide enough drainage, you can add sand to help it filter the moisture. Your jade plant may also benefit from soil amended with organic material, as their roots are shallow but they tend to be topheavy, and the added weight can help them stay upright.

Why are my jade plant leaves wrinkled?

The most common reason for wrinkled leaves on a jade plant is that conditions are too dry. Water your jade plant whenever the soil dries out. You should test the soil regularly by sticking your finger into it, and if it doesn’t stick to your skin, it’s time to water the plant. Make sure to water deeply—until the water drips from the pot’s drainage holes. Aim to water your plant before the leaves become thin and wrinkled. If adequate hydration doesn’t solve the problem, you may be dealing with insects like mealybugs or scale. You can fight them with a spray made of a quart of water with one tablespoon of dish soap and one cup of rubbing alcohol. Apply this spray every three days for two weeks. Finally, if the wrinkled leaves aren’t due to insects or lack of water and your jade is in a container, your plant may be rootbound. Try transplanting your jade to a new container that’s two or three inches wider than its current home.

Why does my jade plant have yellow leaves?

Yellow leaves on a jade plant signal that it’s getting too much water. Always wait for the soil to dry out completely before watering your plant. The best way to test moisture level is to stick your finger into the soil, and if it clings to your skin, it’s still moist. Remember to scale back how much water you give your plant during its wintertime dormancy, too. You can also alter the soil your jade is planted in to help make sure it doesn’t get too much water. Adding perlite or coarse sand to the soil, or using a potting mix designed for growing succulents and cacti, could resolve your jade plant’s yellow leaves.

Why is my jade plant limp?

A limp jade plant is usually getting too much water. Always let your jade plant’s soil dry out completely between waterings. It’s easy to check by dipping your finger into the soil near your plant. If the soil sticks to your skin, it’s still moist, and you should hold off on watering. Also keep in mind that your plant needs less water during the dormant period in winter.

Why is my jade plant turning black?

Black spots on your jade plant may indicate it’s getting too much water. Make sure to let soil dry out completely between waterings. Test the moisture level by inserting a finger into the soil near your plant, and if it’s dry, the soil won’t stick to your skin. If it does stick, don’t water yet. Remember to scale back hydration during the plant’s dormancy in the winter, too. Black spots on your jade plant’s foliage could also be the result of insect infestation. You can make a homemade spray to fight insects by mixing a quart of water with a tablespoon of dish soap and a cup of rubbing alcohol, or simply brush your plant’s foliage with a cotton ball soaked in rubbing alcohol.

Want to learn more about growing jade plant?

The Old Farmer’s Almanac covers Jade Plants

University of Connecticut covers Jade Plants


Does a Jade Plant Bloom?

Jade plants are primarily known for their thick, glossy, succulent leaf pads. There are many types of jade but the most familiar houseplants are Crassula ovata そして Crassula argentea。 These succulents reproduce by vegetative means but can also flower and produce seed. We often hear, “my jade plant won’t bloom,” and strive to provide information on what may cause a jade plant not flowering and how to promote blooms in reluctant plants.

Jade plants grow for many years without blooming. Even in their native habitat, the plants need to be very mature before they form flowers. Among the many jade plant flowering requirements is an arid ambient environment. Interior conditions are often too humid for the plant to form buds.

Getting a jade plant to bloom will require you to remove it to a dry location, withhold water, and expose it to cooler nighttime temperatures. Of course, your plant should be an older species for blooming or you will still not find a single flower. Given the right setting and environment, a jade plant not flowering may simply be that it is not old enough to reproduce yet.


ビデオを見る: ליפופית הבטטה הצמח הכי שווה בעולם לכיסוי שטח