岩谷徹-日本人アーティスト

岩谷徹-日本人アーティスト

岩谷徹、作品

アーティストは彼の作品の実現にエッチング技術を使用しています。

1972年以来のアーティストである岩谷徹は次のように書いています。

«エッチングは銅板への印刷技術であり、忍耐と時間がかかります。
ご想像のとおり、物事が急速に変化する現代において、この技術に耐えることは困難です。
多くの困難に直面しましたが、同じパリのスタジオで28年間働き、150以上のエッチングを作成しました。
私のエッチングのほとんどは、サイズが小から中程度です。
私のカラープリントの特徴は、すべての彫刻プレート(カラーとベースプレート)がエッチング技術で製造されていることです。この伝統的な慣習を今でも使用しているアーティストはほとんどいません。

私がこれまでに完成させた最も重要な作品は、日本の伝統的な「能」マスクシリーズです。このシリーズは30以上の作品で構成されています(そのうち20は大きいサイズです)。これらのエッチングは、世界の他の場所では見られません。
あなたのスタジオとあなたの家のリビングルームで私の仕事の静けさを楽しみたいと思います»。

MASKS(能マスクシリーズ)


シリーズ16-ツリー


シリーズ19-竹


シリーズ7


ムーン


もみじ


綱渡り


見て


亡命中のアコーディオン奏者


バンブーリーフボート
- 子どものころの思い出


ボートに乗った2人の聖人


赤い月


私のパリ2


馬-光


クレーとミロへの賛美


春の動き


緑かもしれません


秋のメッセージ


彼女の窓にいる女性


合格するには


カナダのお土産


朝の光


太陽と蝶


変態


涅槃


パンジー


マスクシリーズ9

あなたがアーティストであり、このサイトであなたの作品を公開したい場合は、アドレス[email protected]に書いてください


ItaloBergantiniとGaiaContiによってキュレーションされました

2017年12月-2018年2月

ROOMBERG ROMBERGのプロジェクトスペース-ラティナ(イタリア)

インスタレーションビュー、写真クレジットMarcello Scopelliti

16-42 |キャンバスにマウントされた紙に2016年の混合技法| 200x200 cm

S-16-2 | 2017 |カラーラ大理石| 39x26x(h)57 cm

S-12-4 | 2012 |カラーラ大理石| 40x25x(h)55 cm

色と形の絶対的な調和は、要素、抽象化、技術の見事な組み合わせと組み合わされています。 30年以上にわたって国際的なシーンの主人公である濱田徹が、ロンベルグアルテコンテンポラネアギャラリーでの個人的なショーで、初めてイタリアの人々に紹介されます。展覧会は、慎重な選択を通じて、過去10年間の彼の絵画、彫刻、コラージュの制作を振り返ります。 1953年生まれの松山出身の日本人は、幼い頃に東を捨てて西に上陸し、大理石の加工技術と芸術家としての道を学び、洗練していきました。

ストーリーも上部構造もありません。浜田のテクニックは、キャンバスに純粋な力を与え、自発的で感覚的なものです。彼は薄いオーバーラップからなるダイナミックなプロセスを経て、表面はわずかに不規則に見え、互いに対照的に鮮やかな色で構成されています。不定形。決してランダムではありません。

彼のゆっくりとした仕事の中で、絵は絶えずそのスピーチを中断して中断し、コースを変更し、それ自体を調整し、そして徹はそれを新しい表現で再現するためにその何かをほとんど無効にします。現代のマティスのように、彼の作品では、彼の作品の中で、彼の周りの現実から解放された衝動である内側の衝動から現れる色を書き、アーティストである彼は、構成のエネルギー、活力を吸収し、それを外側に出現させます。キャンバスに適切な声を与える時間は、数か月であろうと数年であろうと、時間がありません。

彼の絵画に内在する表現力は、彼の彫刻作品の表現力に変換されます。大理石のような高貴な素材で作られていても、鋼のようなより謙虚なもので作られていても、モノクロであろうと鮮やかな色であろうと、ダイナミックな存在として占める空間に何とか浸透します。彼の絵画技法のように層化された滑らかで線形の体積質量は、堅実な原始的な性格を備えた特異な実体です。

そして浸透のように、三次元は彼の魅力的なコラージュにも現れます。彼らは高速鉄道で移動します。これらの奇妙な形は率直な表面に浮かんでいます。色で染められた要素の不思議な構成、紙の中で得られ、再発見された自発的なちらつき。名前のない道路を歩くハイブリッド風景の抽象化。さまよって本能に身を任せる複雑な旅。

濱田徹には、人生を導くマントラがあります。重要なのは目的地ではなく、旅です。私たちが行ったことのない場所で、私たちが見たことのないものを発見するために、彼のユニークな宇宙で自分自身を失うことへのすべての人への招待。

色と形の絶対的な調和は、要素、抽象化、技術の見事な組み合わせと組み合わされています。 30年以上にわたって国際的なシーンの主人公である浜田徹は、ロンベルグ現代美術ギャラリーでの個展で初めてイタリアの人々に自分自身を紹介します。展覧会は、慎重な選択を通して、過去10年間の彼の絵画、彫刻、コラージュの制作をたどります。 1953年生まれの松山出身の日本人は幼い頃、東を離れて西に上陸し、大理石の加工技術と芸術家としてのキャリアを学び、洗練させました。

ストーリーも上部構造もありません。浜田のテクニックは、キャンバス上で純粋な力を弱め、自発的で感覚的なものです。それは微妙な重なりからなる動的なプロセスを通じて機能し、表面はわずかに不規則に見え、互いに対照的に鮮やかな色で構成されています。そして不定形の。決してランダムではありません。

ゆっくりとした制作の中で、絵は絶えず中断し、議論を中断し、進路を変え、自分自身を調整し、徹はそれを新しい表現で再現するためにほとんどキャンセルします。今日のマティスのように、彼は作品の中で、彼を取り巻く現実から解放された衝動である内なる衝動から現れる色を書きます。彼、アーティストは、構成のエネルギー、活力を吸収し、それを外側から浮かび上がらせます。時間には、キャンバスに正しい声を与えるための時間、月、年はありません。

彼の絵画の本質的な表現力は、彫刻オブジェクトの表現力に変換されます。大理石のような高貴な素材であろうと、スチール、モノクローム、鮮やかな色などのより謙虚な技量であろうと、ダイナミックな存在として占める空間に浸透することができます。彼の絵画的技法のように層状にされた滑らかで直線的な体積の塊は、堅実な原始的な性格を備えた特異な実体です。

そして浸透のように、3番目の次元も魅力的なコラージュに現れます。白い表面に浮かぶ不思議な形が高速線路を走ります。色で染められた元素の不思議な構成、自発的な閃光が得られ、紙の中で再発見されました。名前のない道路が続くハイブリッドランドスケープの抽象化。さまよって本能にふける複雑な旅。

濱田徹には、人生を導くマントラがあります。重要なのは目的地ではなく、旅です。誰もがそのユニークな宇宙で迷子になり、私たちが今まで見たことのない場所で、今まで見たことのないものを発見するための招待状。


プロジェクト:伝記/活動/アーティスト

更新は定期的かつ自動的に行われ、ページが完全に再構築されます。このリストに人がいない場合は、 ない それを追加しますが、彼の経歴のエントリに含まれていることを確認してください バイオテンプレート 個人データが正しく入力されていること。の場合 バイオテンプレート 不足している場合は、自分で入力するか、通知を投稿してください <> これはその欠如を示しています。報告されたデータが間違っている場合は、経歴ページを直接修正すると、数日後に変更がこのリストに表示されます。説明については、を参照してください。 伝記プロジェクト .
リストには、 1.345 百科事典に記載されており、テンプレートが正常に実装されている人 バイオ。ページが更新されました 2021年4月1日.

これは、百科事典に存在する[4]、主な活動として[5] [6]の人々のリスト[1] [2]です。 アーティスト。人々は国籍によって分けられます[7]。 [8] [9]


  • ゲストブックのCisudxtv:ここにメッセージを残してください!
  • ルイスピアネッリ(アルゼンチン)のカマグラジェネリックバイアグラ100mgシルデナフィル
  • Luis PIANELLI(アルゼンチン)でバリウムの安いオンライン薬局を購入する
  • Luis PIANELLI(アルゼンチン)の育毛製品
  • お誕生日おめでとうTecnifibreのgorFrertyZent! 1988年以来の全仏オープンの公式ストリンガー
  • ゲストブックのQuxjhgqe:ここにメッセージを残してください!
  • Luis PIANELLI(アルゼンチン)で外国為替を取引することを学ぶ
  • ルイス・ピアネッリのサウスビーチスモーク(アルゼンチン)
  • Luis PIANELLI(アルゼンチン)でオンラインで注文して表示する
  • ゲストブックのuziocajuxx:ここにメッセージを残してください!

柚木徹(日本)

名前: 柚木徹(日本)

生年月日:1949年2月1日

ストリンガー以来:1978

全仏オープン(2008年を含む)で何回ストリングスをしましたか:2

全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープン、アテネオリンピック、05 'マスターズカップ、ミラノインドア、MSマイアミ、東京。

TFストリングサービスについてどのように説明しますか。「お誕生日おめでとう」と言いたいのですが、ローランドギャロスでのこの20周年のTecnifibreストリングサービスにおめでとうございます。

コメント

この投稿のコメントフィードを購読すると、この会話をフォローできます。

投稿者:中村義孝| 2008年5月27日午前0時59分

徹のクロス織りの技法に驚いた回数はわかりません。がんばり続ける!

「ローマから福岡へ」
アレッサンドロ・マウゲリと日本のイタリア文化
メグ・ランテ・デラ・ロヴェーレ

パンテオンから数歩の暖かいローマでの冬の午後は、アレッサンドロ・マウゲリとの出会いの舞台です。アレッサンドロ・マウゲリは、華麗で控えめなニッチなテレビプロデューサーであり、熟練したショーマンであり、最高の経験を持つコミュニケーションマンであり、今日は海外のイタリア製、日本製、制度的な設定で学んだ手術のために、興味をそそられただけでなく、私を深めさせました。
私はすでに、世界の機会均等に関する彼のテレビ番組の1つで、ベルニーニブリストルホテルの真っ赤なスイートでの彼のすべての女性のトークショーで私をゲストとして見たアレッサンドロマウゲリと会いました。首都で、そしてそのゴージャスな場所。
役割は今変わりましたが、目的はますます高くなっています。
メグ
アジアの国の文化的な「植民地化」のプロジェクトについて話している衛星チャンネルであなたからのインタビューを聞きました。
アレクサンダー
明らかにあなたは冗談です!宣伝と普及。確かに意識を高めます。植民地化は少し傲慢です。私はここ数年、日本の知識と、ある種の挑戦を考えるようになった計り知れない側面すべてに取り組んできました。今日、私は自分の人生をこれに、そして確かに自分の未来に捧げることを考えました。私はさまざまな観点から日本についてよく知っており、ある意味で日本にも関わっています。しかし、これは前向きな利点です。はい、私は日本がすぐに私のすべての第二の拠点になると決めました。いくつかの点ですでにそうですが、他の理由でビジネス上の問題を超えています。しかし、私は仕事についてのみ話すことを好みますが、主題は純粋に専門家であるため要約するのは難しいと思います。それを単純化することは、ほとんど全体の悔しさです。
メグ
しかし、それが私たちの目的です!これらすべてについてあなたがどのように考えたかから始めましょう。
アレクサンダー
正直、日本についてはしばらく考えていました。演劇やダンスなど、いつも興味をそそられていました。一年前、いろいろなステージでコンサートをすることを考えていましたが、ただのカジュアルな旅行者にはなりたくありませんでした。代わりに、私が行うすべてのことと同様に、この操作に深みと正当性を与えようとしました。それから私は世界の重要なイタリア語教育機関に目を向け、私たちの言語を学ぶことが最もシックな国である日本で、イタリア語の意識を高めることを目的としたプロジェクトを発表しました。
メグ
しかし、どのように、コンサートから始めますか?
アレクサンダー
私はコンサートよりも音楽研究について話します。私は1930年から1958年までのイタリアの30年間の音楽遺産を取り戻しました。それは、日本では「ウルトララウンジ」と呼ばれる私のスタイルキーの1つに再配置され、プロジェクトを伝えるためのツールとして必要でした。 。それから私のプロジェクトの証言になり、ピアニストの助けを借りて、イタリア語の音楽と音を通して、非常に分散したターゲットを目指して、魅惑的な方法でマークを打つことができ、私は成功することを確信していました。私は音楽、私たちの音楽、私たちの文化遺産、そしてコンサート、パフォーマンスを国際的な文化的プロモーションと調停活動に変える情熱を信じているからです。
メグ
そして、あなたは成功しましたか?
アレクサンダー
その間、私はリアルタイムで後援を得て、太平洋を越えて、そしてここでも私に門戸を開いて、そこになかった、そしてしなければならなかった何かについて議論することができました。音楽を通して語彙の変化を指摘したいという思いから生まれた、より充実したプロジェクトにする必要性をすぐに感じました。また、イタリア語がそのジャンルにうまく適応していないことも、絶対に真実ではありません。メロディーと私たちの伝統的な「ライトミュージック」だけではありません。私の研究は、ナタリーノ・オットーが際立っている多くのスタイルの先駆者を通して、これを示しました。
メグ
しかし、プロジェクトの進化は?
アレクサンダー
プロジェクトは当然、私の意図の価値と誠実さ、そして私の情熱を認めた最高の機関のオフィスで反応を示しました。そして、別の「より重要な」道が私に提案されました。私はローマのRoma3大学と提携し、私のアイデアを高く評価し、後援し、この同盟である私がさらに野心的な目標に向かって自分自身を投影できるようにします。
メグ
いつも音楽で?
アレクサンダー
プロジェクトは、さまざまな議長と大学の関心に応じて明らかに再開発されました。人類学者であるローマ国際学部のエンリカ・テデスキ教授3の支援を受けて、私たちはイタリアと日本の大学間の双子を組織することを目的としてプロジェクトの使命を再設計しました。英語が必要条件ではない国を考えると、それほど単純な仕事ではありません。私がエグゼクティブにする「歴史的な握手」と一緒に、私は私たちの文化のエッセイを、私が魅了することを望む私の選択と感度、興味の理由と詳細な分析によってフィルタリングして、機関と学術センターで提案します私が会う予定のNIpponianユーザーによる。そして、それは勉強の日、ワークショップ、会議の出発点になるだけでなく、将来的には私たちの大学でイタリアで歓迎される日本人学生のための奨学金にもなります。
これは経験に動機付けられた直感であり、Roma3大学の政治学部長であるPrpfの知性によって示唆されました。私のプロモーションプロジェクトと私たちの大学を海外に投影することの重要性を理解してくれたフランチェスコ・ギダ。そして、私はそれを誇りに思っています。
メグ
そして、あなたはこの操作を自分で実行するつもりですか?
アレクサンダー
明らかに私は専門家のネットワークを使用しています。私は若いオリエンタリズム学者で構成された優れた文化協会と協力してきましたが、彼らもプロジェクトの大学とともに旗艦です。彼らは「VERSORIENTE」であり、日本ではイタリア文化を尊重します。科学的に重要なものを生み出します。私たちは、イタリアと日本の間のイタリア文化の振興の基準点となります。日出ずる大学に加えて、日本でイタリアが注目されているすべての文化センターに拡大します。
東京からではなく、南から、常設拠点・ネットワークグラウンドとなる福岡からスタートし、そこから拡大していきます。しかし、福岡はすでに多くの点と重要性を求めており、会話に負担をかけないように詳細に立ち入るのは無意味です。
メグ
あなたが働いているこの役割の名前はありますか?プロモーター?文化的プロモーター?
アレクサンダー
私は今も、そしてこれからも、日本におけるイタリア文化の大使であり続けます。大学はこの状況と日本の機関も時間内に認識します。私たちは種をまく必要があります。作業は今始まっており、すべてを指数関数的に成長させることを目指しています。私たちが直面しなければならない場合でも、それは私たちと私たちのスピードに依存します。私たちにとってまだタイミングの面で障害となっている日本の実用主義で。
メグ
私はあなたと情熱にとても力を感じますが、あなたはいくつかの困難を見つけるでしょう。
アレクサンダー
プロジェクトに取り組むときや、自分でプロジェクトを作成する場合は、常に困難が伴います。当初の最大の問題は、イベントの執行を可能にする資金の入手可能性でした。資金調達を扱っている構造物を見て、コミュニケーションが取れなかったとき、目の前に壁がありました。私の対談者は単なるコマーシャルではありませんが、継続性が刺激的な論理的成果につながる可能性があることを理解している、文化的で敏感な担当者が必要です。それでも、「私たちは非営利団体ではありません。稼ぐことと働かないことに興味があります」と厳しく言ったのを聞きました。しかし、私は信仰を持っており、落胆することはありません。 、私はあなたに修辞的に見えたくありません。、あなた自身の「個人的な伝説」を作ってみてください。
メグ
あなたはまた私に多くのことを伝えてくれました、そしてあなたは私に旅行に興味をそそられさえしました。次の目的地は日本だと思います。
アレクサンダー
あなたは私たちの文化旅行の1つに私たちと一緒に来ることができます。一人で多くのことに対して代償不全を感じるかもしれませんが、それがあなたの最高の経験の1つになると信じてください。私は日本が大好きです。
メグ
そうすれば、私はあなたのすべてのステップを実行し、それらを知らせることに失敗することはありません。ありがとうアレッサンドロ、または私はあなたをアンバサダーと呼ぶべきですか?
アレクサンダー
でもお願いです。チャットをありがとうございました。またお会いしましょう。


Meg Lante DellaRovereによるキュレーション

投稿者:ALESSANDRO MAUGERI:ローマから福岡へ| 2009年2月5日午後2時25分

「アレサンドロ・マウゲリ」と「福岡のイタリア美術」
(「世界で最も美しい」が日本に飛ぶ)

メグ・ランテ・デラ・ロヴェーレ

私は、現在国際的な文化的仲介者であるアレッサンドロ・マウゲリが、制度的ハンドシェイクを目的とし、したがってローマ3大学と日本の大学との提携を目指す彼のプロジェクト「世界で最も美しい」のこの困難な冒険で彼に従うことを約束しました。これは拡大し、文化、この場合は日本のイタリア美術を促進するイベントのコンテナになります。
『ITALIAN ART IN FUKUOKA』は、2009年6月9日に福岡に出展する15人の才能あふれるイタリア人アーティストのグループが発足するイベントのタイトルです。

アレッサンドロ・マウゲリとの電話インタビューの要約から:

メグ
この日付とこのイベントは、あなたの「世界で最も美しい」プロジェクトの文脈で何を表していますか?

アレクサンダー
それはすべての出発点であり、主な目的は双子、またはむしろ双子であるため、非公式な方法で日本の領土の背景を作成することを目的としていますが、現在、プロジェクトはより多くのプロモーションのコンテナになり、これはによって可能になりましたドリアーノ・スリス教授の名門「福岡のイタリアンセンター」との提携は、この日を機に、ローマ研究大学3に代表されるイタリアの大学との特性の融合として公式に発表されます。フランチェスコ・ギダ学部長の政治学部、そして私はすべての仲介者です。

メグ
つまり、世界の反対側からのイタリア美術の発足だけでなく、あなたのプロジェクトにとって重要で歴史的な瞬間でもあります。

アレクサンダー
絶妙な制度的瞬間、とりわけ私がますます差し迫っていたい日付の回路に道を譲りますが、これはアーティストによって異なります。
イタリア領土のプロモーションにも移ります。ここでも、地域や地方の機関で働く人々の感性に翻弄されますが、最善を尽くします。すべてが前向きで、私はいつも前向きだと思います。

メグ
あなたは減速と交通事故について言及しました。

アレクサンダー
もちろん、それは不可避です。それがなくても喜んでやったとしても、専門家の科学的見地からのサポートが必要なので、コラボレーションを探しました。初期の熱意が強すぎたため、評価に誤りがありましたが、無実の信頼。それは一時的なコントロールの喪失につながり、幸いにもタイムリーに回復しました。私はまだ健康で経験豊富な人々、この場合はオリエンタリストを探しています。
しかし、不処罰のある人が状況を利用でき、アマチュア主義と経験不足、そして若い年齢によって指示された全能の突然の妄想のために、私が持っているそのような重要なプロジェクトを妥協したり遅くしたりすることはもはや起こりません何年も整然と働いています。

メグ
誰かが最初のプロモーションイベントを企画するのを手伝ってくれましたか?

アレクサンダー
はい、確かに。ダイナミックでエキスパートなキュレーター兼アーティスト(福岡でも展示)に出会えたことを嬉しく思います。彼女は、おそらく慣れていない、確かに休暇に値するワークツアーでストレスを感じていたのです。しかし、少し速いかもしれないので簡単ではない私のリズムで私をサポートすることができる技術的な人物を見つけてうれしいです:しかし、すべてが完璧にそしてスケジュール通りに進みました。
アントニエッタ・カンピロンゴです。残念ながら、彼は6月3日にローマで展示会を開くので、私を福岡に連れて行くことはありません。私たちは皆一生懸命働いています。

メグ
ポスターはローマのフィニサージュについて語っています。

アレクサンダー
はい、6月23日に、ローマのラピーニャギャラリーの部屋、使徒座代理区のパラッツォマフェイマレスコッティでマスコミに会います。この権威ある作戦を信頼している15人のアーティスト全員に個人的に挨拶することができます。 。
ラピーニャギャラリーは、イベントの再開と、日本とイタリアの間の将来の交流の基礎として私によって選ばれました。私はこの場所の制度性のためにうまく選んだと確信していますが、とりわけ、私をこの場所にほぼ10年間結びつけ、ダンテ・ファシオロ博士に向けた愛情と尊敬のために。いつものように往復してほしいと思います。彼らも「世界一美しい」プロジェクトの旅の道連れになります。 23日の夜、ローマでこのパートナーシップを正式に発表し、Roma3大学が出席します。

私はここで立ち止まり、イベントの流れをたどり、ローマのフィニッセージの再開だけでなく、6月9日の福岡の報告も報告することを約束します。
そして、愛する福岡にイタリアの芸術や芸術家のイメージを称えるために出発する勇敢なアレッサンドロ・マウゲリに心からお祈り申し上げます。

投稿者:MEG LANTE DELLA OAK | 2009年6月2日午前11時37分

6月25日を待っています。
(「世界で最も美しい」がローマに戻る)
メグ・ランテ・デラ・ロヴェーレ

2009年6月9日、福岡で集団展「ITALIAN ART IN FUKUOKA」が開催され、名門TOYOTA BLDGコンプレックスで「15人のイタリア人アーティスト」に改名され、6月14日に終了しました。
芸術展だけでなく、ローマ3大学、政治学部、国際学部、イタリアのドリアーノ・スリス教授のイタリアンセンターオブフクオカとの合意を巧みに確立する歴史的な瞬間機関間コミュニケーション、外国大使館、文化機関の専門家であるアレッサンドロ・マウゲリによる国際文化調停の洗練された作品。イタリアと日本の間の教師と学生。
プロジェクトの背景を作成するショーケースイベントですべてを開始する非公式で多様な瞬間。その後、プロジェクトの自然な目的地と外務省との連絡があります。
2009年6月25日は、ローマの使徒座代理区のパラッツォマフェイマレスコッティにある「ラピーニャ」ギャラリーでローマで開催されるフィニッセージの日付です。視点。

メグ
ローマの「ラ・ピーニャ」ギャラリーとの前回のインタビューですでに話しましたが、このフィニッシュの特別な理由はありますか?
マウゲリ
25日には、私が協力しているローマ3大学と政治学部の出席のもと、記者会見と事件の履歴書があり、ピグナの構造についても正式に合意されます。それは、私たちの帰国、会議、会議だけでなく、イタリア、ローマでの展示会の公式拠点としての主役になります。
メグ
あなたのイベントに対する日本人の反応は?
マウゲリ
私は答えを求めてそこにいませんでしたが、「世界で最も美しい」プロジェクトを正式に開始しました。
私が福岡に出発する前日、Roma3大学は、福岡のイタリアンセンターに公式の合意文書を送りました。これは、当事者間で私が提案した合意を確認し、DorianoSulis教授のセンターを唯一の連絡先と見なしています。日本の大学との仲介。
大学はまた、とりわけ、イベントの継続的なチェーンであり、それらを後援しているスリス教授の助けのおかげで、これらがプロジェクトの必要な背景、ならびに経験と知識を構成するように、構築するという私の考えを支持しました領土。そして最後になりましたが、センターとの相乗的な調和です。
メグ
しかし、いくつかの印象を与える必要があります。
マウゲリ
印象を与えることは私には意味がありません。私は前向きであり、現在はほとんど存在しない一時的な段階に過ぎないと常に考えています。すべてが後でそして私たちの継続的な存在になるために必要です。私は望んでいません。哲学者になりたいけど、哲学者になりたくないので、何が起こったのかコメントできる気がします。福岡からローマまで絶えず連絡を取り合っているキュレーターや、何人かのアーティストとはすでにやりました。私はもう少し個人的な関係を持っている人と。
確かに私は満足していると言えますし、確立された歴史的な合意にさらに満足していると言えます。
メグ
では、何を言っているのでしょうか?福岡のイタリアンセンター。
マウゲリ
素晴らしい!私は提案しようとしていました。しかし、私がいつも求めていたすべての感覚の正しい参照をついに見つけたので、インタビューは私が将来への信仰と楽観主義で満たされたこの知識をどのように生きたかを伝えるのに十分ではありません。新しいものが発展する重要な会議。
メグ
より明確にするために?
マウゲリ
素晴らしい経験と知識を持ったDorianoSulis教授の姿に魅了されましたが、何よりも極端で繊細な感性と完璧な才能があります。首都Aのアーティストであり、魅惑を絶やさない名声のある男性です。私は一瞬、彼の隣に立って、自分自身を巻き込み、豊かにすることしかできない経験のしみ出しを感じました。極端な人間性と極端な厳格さと絶対的なプロ意識。
ITALIAN CENTER OF FUKUOKAは彼の生き物であり、彼の信頼できる協力者、非常に高いスキルと幅広い知識を持つ人々の誇りを感じ、出発前の挨拶の直後に懐かしく感じました。
福岡に住んでいると嬉しいですが、個人的な目標ではありますが、これも私の将来の目標だと思います。
メグ
私たちが望むなら、私たちはあなたを襲ったこの数字を続けることができます。
マウゲリ
でも、誰も必要としないので、キャラクターを作るためにここにいるわけではありません。しかし、このトピックについてのインタビューがあれば、センターは彼の素晴らしい作品なので、センターとスリス教授に広いスペースを捧げることができます。独立を好み、自分のエネルギーと制度的妥協に服従しないことを意味する勇気のある先駆者であり、40年後の今日、彼は当然のことながらアイコンと見なされています。
私はこれを実現するためにあらゆることをします、そして私のプロジェクトと制度的合意に対する私の願望もこれを目指しています。
メグ
福岡イタリアンセンターのホームページに行ってみましたが、おもしろいです!
マウゲリ
それはそれだけではありません。繰り返しますが、これは、スリス教授の天才の忍耐と決意と不変をもって長年にわたって専門的に構築された作品です。
センターはその協力者でもあり、優秀なレオナルド・マローネ教授は注目に値します。若くても多面的で高度な訓練を受けており、私たちは良い気持ちを確立し、音楽を含む多くの共通の興味についておしゃべりし、笑いました。
そして、センターの楽しい協力者である日本人、繊細な鬼石義美は、この展覧会の経験をローマから私と共有してくれたアーティスト、そして今は名前を覚えていないロベルトに、辛抱強く交代してくれました。豊田ビルに存在感を放っています。
メグ
素晴らしいポジティブ!
マウゲリ
私はすでにセンターに満足していると言いました。
メグ
そして今、25日後?
マウゲリ
大学との共同作業とプロジェクトの改訂が再開されました。彼が私に植え付けた尊敬のために、私はすべてを彼と共有できることを嬉しく思いますので、すぐに再公式化し、DorianoSulis教授と一緒に署名します。残りのすべてのように。
メグ
他のイベント?
マウゲリ
確かに、これが初めてで、1か月で繰り返すと思います。イタリアで足を引っ張っているのは、日本には存在しない、またはほんの数日である休日と前休日です。夏またはクリスマスと新年の前とそこに永久運動です。
メグ
あなたの望みはエリアを変えることだと思われます!
マウゲリ
私はメッシーナで生まれましたが、ミラノ、ローマ、そして日本との関係を築くことは想像もしていませんでした。一度一定のメカニズムに入ると、思考や行動に支障はなく、距離はプントディに過ぎません。 vista pocoimportante e certamente non condizionante.Sarebbe un sogno per piu'motivi、per me vivere in Giappone e in particolare a福岡。
Meg
allora al 25 alla Galleria La Pigna!

Posted by: MEG LANTE DELLA ROVERE | June 19, 2009 at 07:54 AM

INAUGURATA LA "SALA LEONARDO" A FUKUOKA
L'estro di Leonardo Marrone
per il Progetto ARS VIVENDI di Alessandro Maugeri & Doriano Sulis

Alessandro Maugeri e' rientrato da Fukuoka,Giappone,reduce da un evento come sempre di successo,nell'ambito del Progetto ARS VIVENDI scritto insieme al Prof. Doriano Sulis,Direttore del Centro Italiano di Cultura di Fukuoka,e oltre ai consueti consensi,ci rivela qualche novita' gia' anticipata in una mia precedente intervista.

Com'e' andata questa tua nuova avventura e quali sono le novita' ?

Ti avevo anticipato di una nuova location che sarebbe servita come luogo fisso per tutti gli eventi tra l'Italia e il Giappone che realizzo insieme al Centro Italiano di Fukuoka.
Questa stanza adesso e' ufficiale ma avremo tante altre prossime occasioni per ufficializzarla ancor di piu' e diversamente. Era importante un luogo fisso permanente che fosse il nostro punto di riferimento,compatibilmente,ovviamente,alle esigenze della rappresentazione.

MEG
E' stata un po' una sorpresa per te.

Certamente una sorpresa e' stato l'entusiasmo che ho respirato nei giorni che precedevano la mostra e il giorno del vernissage (il 24 ottobre 2009 ) e non mi aspettavo una soluzione cosi' nuova e moderna. Una camera polifunzionale,da vestire e svestire a secondo del caso.E questa volta la scelta e' stata un'atmosfera di mistero,come recitava il leit motiv della mostra,che in Giappone ha avuto un nome diverso da quello in Italia( l'idea Italiana di Antonella Meloni Corsini la curatrice e' "L'Arte Liberata" ) e ho avuto fin dall'inizio che le luci si sono accese,di trovarmi a New York o in qualche citta' del genere.

No,no! Da questa realizzazione e' stato deciso di sfruttare le potenzialita' creativa del geniale Leonardo Marrone,professore del Centro Italiano di Cultura di Fukuoka e anche co-responsabile dell'Istituto. Leonardo Marrone ha impiegato le sue energie coadiuvato dal Prof. Doriano Sulis per realizzare quest'opera che da se meritava gia' altro alla stregua di una mostra.E' stato costruito uno scatolone misterioso al centro della stanza che costringeva gli avventori a guardare dentro,e conteneva un video della Sardinia Film Festival,del videomaker Arnaldo Pontis,che andava in loop. Avevo battezzato lo scatolone "The magic box" e la stanza "Sala Leonardo" che mi sembrava adeguato come nome,e tributa il suo creatore-creativo.

MEG
Ma un'idea cosi' giovanile e moderna nasce dalla presenza di artisti piu' giovani che hanno esposto in questo ultimo evento?

Assolutamente no. L'idea suppongo,di Leonardo Marrone,e' partita dal concetto di voler dare un respiro diverso alla realizzazione uscendo fuori dai consueti tradiizionali canoni che vedono le mostre d'arte come luoghi noiosi e scontati. Qui lo spettatore si sente intanto investito dalla novita' del luogo,cerca di ambientarsi e di studiarne il clima e e opere fanno parte a loro volta di un ambiente e l'ambiente e' un 'installazione. Qualsiasi punto e' da scoprire e ogni angolo puo' nascondere delle sorprese.In questo caso ,in questa "dark room " si entrava attraverso una tenda nera da cui s'intravedeva una luce estremamente bassa e da li' una sorpresa. E musica misteriosa e strepitosa che proveniva da nascoste sorgenti che avvolgevano ancor piu' chi aveva il piacere e la fortuna di esserci.

Quanto entusiasmo nelle tue parole! ma perche un luogo dark?

Non dark,nero ,perche' l'idea del mistero ripeto gia' era preannunciata da una scritta incorniciata accanto all'entrata. Siamo in attesa delle foto.Spiegare cosi' non e' facile ed e' anche riduttivo.

E la prossima mostra vedra' la stessa scenografia?

No. L'idea e' ogni volta di avere una nuova idea creativa in termini scenografici . Mentre si allestiva ,discutevamo appunto di questo. Avevo dei ricordi anche nostalgici di quando l'estro era alla base della costruzione delle vecchie trasmissioni rock diventi anni fa,ma non solo rock.. Pochi mezzi e molta fantasia. Qui i mezzi e la genialita'. E liberta' soprattutto.
Mi sono divertito tanto. Inizialmente voleva essere una sorpresa che avrebbe dovuto stupirmi,ma io sono anche affascinato dai lavori in corso. Mi stimola molto il "durante". Alla fine in quei giorni sentivo la necessita' di dover stare a volte in quel luogo perche' mi trasferivo in una ltra dimensione. Una stanza necessaria ,un non-luogo. Citavo a Leonardo Marrone "Stalker" di Tarkowsky,dove la Guida porta i pochi eletti nella "Stanza" dove tutto si trasforma. non so,questa e' stata la mia idea. Li' era tutto diverso. Avro' nostalgia di quella stanza ma spero sia un'esperienza ripetibile.

La prossima data in Giappone ?

Ti anticipo adesso che nella prima decade di dicembre saro' di nuovo a Fukuoka con un altro evento e questa volta verra' con me la responsabile curatrice per l'Italia,Antonella Meloni Corsini ,per seguire qualche artista e per conoscere il Centro Italiano di Cultura di Fukuoka.Uno step necessario e fondamentale che mi lascia presagire soltanto ottime cose per il futuro. Ti parlero' tra qualche giorno del finissage che faremo qui a Roma in un luogo diverso da quello da me ipotizzato in precedenza per vari importanti motivi.

Allora da qui a breve a risentirci,sempre con tutta questa positivita'.

di Meg Lante Della Rovere

Posted by: MEG LANTE DELLA ROVERE | November 08, 2009 at 02:04 AM

IL MAESTRO ATTILIO AZIMONTI A FUKUOKA

Chat notturna con Alessandro Maugeri sulla personale del Maestro Attilio Azimonti a Fukuoka,Giappone.

di Meg Lante Della Rovere

Nove ore di fuso orario mi separano da Alessandro Maugeri,mediatore culturale internazionale e promoter di fine sensibilita' la cui mission di vita e' ormai il Giappone.
Impegnato in questo momento a Fukuoka nel promuovere un artista a lui caro ti cui tanto mi aveva premesso,e di cui poi mi sono documentata ,apprendo adesso di una proroga della mostra per il successo riscontrato in termini di consensi e affluenza.

Avevi gia' parlato prima di partire a Fukuoka,con me,di questa tua scommessa sul Maestro Attilio Azimonti ,che desideravi promuovere in Giappone con una personale.
Hai soltanto,a quanto sembra,appurato concretamente,che la tua scelta era giusta.

Il Maestro Attilio Azimonti non aveva certo bisogno di me in termini di proiezione:
oltre ad essere un maturo artista,sensibile e delicato, non e' nuovo ad un certo tipo di riscontro internazionale. Ad ottobre,se non sbaglio,ci siamo visti all'Ambasciata d'Egitto dove esponeva le sue opere . Ho avuto l'onore di conoscere il Maestro , grazie alla disponibilta' della figlia Alessandra,mia cara amica,raffinatissima attrice di teatro. E con cui spero in futuro di portare avanti un progettoimportante di promozione culturale.

Cosa ha colpito di piu' i Giapponesi dell'arte del Maestro Attilio Azimonti ?

Tante cose,a partire dalle tematiche. Il tema mitologico qui ha mandato in estasi chi aveva il piacere di esserci. I colori ,senz'altro. Il Maestro Azimonti e' un "Maestro del Colore" in tutti i sensi,e questo i Giapponesi lo hanno immediatamente percepito.
Poi la grazia della femminilita',o se vuoi,omaggio alla femminilita',a volte materna ma pur sempre leggiadra,mai vanitosa o morbosa, in questi contesti del sogno che il maestro Azimonti regala a chi semplicemente,e senza preparazione, osserva una sua opera.
Una pittura colta ma nel contempo immediata. Ricercata come i titoli delle sue opere,per molti ovvii aspetti non comprensibili per un Giapponese,ma in Giappone ci si immerge senza chiedersi e si gode nell'osservazione.Noi ,spesso per loro,pensiamo troppo.
Me lo dice spesso la mia meta' Giapponese,Yuri. "You think too much!"
Dovremmo appendere anche questa lezione,per molti versi anche estremamente utile.


Qualcosa che ti ha colpito in particolare durante la mostra.

Premetto che la personale e' ancora aperta e prorogata fino alla fine di dicembre.
Ti ricordo che il luogo della personale del maestro Attilio Azimonti e' il Centro Italiano di Cultura di Fukuoka ,del Prof. Doriano Sulis,con cui ho avuto il piacere di condividere la stesura di un progetto di promozione e mediazione internazionale dell' Italia in Giappone,"Ars Vivendi" e di cui la personale fa parte perche' inglobata nel calendario di queste importanti promozioni. E ti ricordo anche il nostro Art Director,eccentrico genio ,Leonardo Marrone,professore del Centro ma soprattutto artista delicato e talentoso.
Mi ha colpito in particolare che molti Giapponesi presenti alla mostra mi chiedevano se si trattava di illustrazioni per libri o era materiale per film.
In effetti l'impressione puo' esser questa. Alcuni cieli e colori ricordano un certo tipo di illustrazioni Tolkeniane e non solo. Oppure la pittura classica tradizionale.ma. con quel guizzo che distingue. Perche' in ogni opera c'e' sempre qualche motivo per pensare altro. E qui che l'osservazione e' importante,e per ogni opera si spende tanto,giusto,tempo a studiarla,questo viene colto.

Mi parlavi anche di dimensioni importanti.

Si,e' vero. Ho permesso dimensioni fuori dalla norma in occasione solo di una personale.
Non e' solo la dimensione ma anche il materiale di supporto ad esser particolare.
La gente resta stupita davanti alla spettacolarita' di opere cosi' grandi.

Ti conosco troppo bene e so che non hai piacere di parlare di vendite e dintorni.

E dici bene perche' non ne parlero' . E' chiaro che chiunque desiderebbe avere un Azimonti in casa.Io per primo. Ah. a proposito: il Maestro ha donato un opera al Centro Italiano di Cultura di Fukuoka scrivendo due note al prof. Doriano Sulis. Un gesto importante e significativo.

Quindi,comunque,e una volta terminata la mostra,l'opera di Azimonti restera' in Giappone.

L' ARTE del Maestro Attilio Azimonti!

Allora ci risentiremo a mostra conclusa e mi darai ulteriori ragguagli.A presto.


di Meg Lante Della Rovere

Posted by: MEG LANTE DELLA ROVERE | December 23, 2009 at 11:21 PM

" LA REGINA DI FUKUOKA "
Alessandro maugeri & Gioia Villanova
aprono con successo
la stagione 2010 a Fukuoka,Giappone.

di Meg Lante Della Rovere

Un anno di improvvisi cambiamenti non voluti e imprevisti che non hanno mai fatto perdere pero' il mordente al nostro intrepido Alessandro Maugeri,mediatore culturale e promoter internazionale,paladino della promozione non vincolata della Cultura e Arte Italiana in Giappone . Avevo ,nel mese di dicembre dello scorso anno,anticipato,e con un affettuoso gioco di parole ,che il nuovo anno si sarebbe aperto con Gioia,riferendomi alla nuova partner intellettuale e lavorativa di Alessandro Maugeri,la giovane,bella e brillante Gioia Villanova,che non ha disatteso le aspettative,inaugurando questo nuovo anno con un evento piu' che mai brillante e con tante sorprese nel cassetto abbastanza imminenti.

Meg
-Non avevo dubbi su questo connubbio messo su naturalmente e fisiologicamente dopo manifestate e palesi esigenti di risorse umane che non garantivano in termini professionali aspettative serie e concrete e probabilmente avrebbero potuto nuocere all'integrita' e alla nobilta' di un progetto che nasce da uno spirito generoso e si muove su sentieri senza fini di lucro,alla tua immagine e a quella dei partner istituzionali che ripongono fiducia nella tua mission.

Maugeri
-Credo che la vita sia costante ricerca.Sempre. Chi,come me naviga nelle relazioni a profusione,nella comunicazione da sempre (ricordo che il Maugeri e' un "anziano" produttore di sana tv culturale e mass producer) ha facilita' ad imbattersi in qualche incontro sbagliato che si traduce,o almeno io lo traduco,in esperienza positiva di rafforzamento. Come essere umano saono soggetto ad ovvi errori di valutazione,qualche volta motivati-anche se non e' una giustificazione-dalla fretta di dover ottimizzare in tempi piu' che rapidi la definizione di qualcosa,e questo si traduce in qualcosa che puo',qualche volta,creare degli errori nel sistema.Ma non mi rimprovero nulla perche' io sono sempre motivato dall'entusiasmo,spesso prima dell'analisi.Ma fortunatamente!Perche' questo mi permette di non demordere,perche' penso sempre che se ami qualcosa come se ami qualcuno,piccoli imprevisti o irrisori incidenti di percorso,non possono rallentare la tua corsa.Anzi,spingerti ad andare piu' veloce per recuperare quel po' di tempo che hai perduto. Il nostro tempo diventa sempre minore e dovremmo considerarlo l'elemento piu' importante:il tempo e' la vita stessa,e non possiamo starcene seduti ad aspettare passivamente.Almeno non e' nella mia natura.

Meg
-Da qui la nuova scelta "concreta":Gioia Villanova.

Maugeri
-Io non ho mai avuto dubbi su Gioia dal primo momento che ci siamo sentiti. Sono un captativo. Da quando frequento il Giappone sono spesso piu' abbandonato all'istinto e ho imparato e studiato a decifrare dei segni che devono essere tradotti per comprendere l'universo attorno a noi e migliorare la nostra vita. Se noi vogliamo vivere bene dobbiamo partire dalla qualita' e della nostra vita innanzitutto. E c'e' bisogno di tanta pulizia.Non a caso il destino karmicamente mi ha portato a Fukuoka,il cui slogan e' "Quality Life".

Meg
-Dobbiamo essere meno trascendentali anche se il discorso e' interessante,e mi aggancio su Fukuoka.Parlami del primo evento dell'anno a Fukuoka.

Maugeri
-La novita' in tutti i sensi e' stata la necessita',per discorsi che qui non avrebbero senso,di svincolarci da situazioni di sofferenza che ci vincolavano e creavano un insopportabile atmosfera di malcontento soprattutto senza ragione. Abbiamo deciso insieme a Gioia Villanova di portare avanti il nostro discorso continuativo di "Arte Italiana a Fukuoka" e rivedere insieme il progetto che se ,da prima prevedeva in termini di nicchia la promozione dell'arte e cultura Italiana in Giappone,adesso ne e' l'elemento principe,senza dimenticare la mission originaria dei gemellaggi tra l'Universita' Italiana e quelle Giapponesi per cui il progetto e' nato. Ma dal momento di evoluzione abbiamo meditato a lungo su alcune parentesi e deciso di creare con le nostre forze intanto,dei movimenti che a parer mio diventeranno epocali nel momento in cui si concretizzeranno e cio' avverra' a breve.
Ti chiedo di poter approfittare della tua estrema disponibilita' per degli spazi appositi sul nuovo progetto e sui movimenti a venire.

Meg
- Che io approvo con piacere:parlami della mostra.

Maugeri
-Io preferisco parlare di "Evento".Perche' sempre di evento si tratta. Ricordiamo di essere dall'Italia,io e Gioia Villanova,l'unico corridoio possibile di percorrenza ad oggi mai perpetuato e con tale continuita',che ci distingue e ci fregia di essere i primi free lancer della cultura Italiani autonomi e non sponsorizzati politicamente o da altro,che grazie alla fiducia degli artisti che ripongono il cuor loro nelle nostre mani,continuativamente ci permettono di realizzare queste meravigliose proposizioni che riescono ogni volta ad emozionare il Giappone.
Classe e buon gusto,analisi e raffinatezza sono i poli su cui la nostra curatrice e responsabile per l'Italia,Gioia Villanova,preme e non sbaglia mai.
L'evento e' statoo aperto nelle tempistiche previste per quanto qualche incidentino ci preannunciava un seppur minimo temporaneo slittamento. Cio non e' avvenuto grazie alla nostra caparbieta' e determinazione. La nuova location,anche se temporanea,e' stata l'Art Linx Gallery ,che fa parte di un progetto di spazi di promozione delle avanguardie Asiatiche.Ci siamo trovati a nostro agio con il responsabile della Galleria e per tutto il tempo quello spazio e' diventato assolutamente nostro. Abbiamo aperto tre personali,due pittura e una di visual art.
Abbiamo dato il respiro che meritava alla delicata Artista MariaLuisa Sabato ,per cui mi hai concesso uno spazio a dicembre,che ha stupito come prevedevamo e tutti gli avventori chiedevano notizie personali sull'artista,e non nascondo a volte creandoci persino qualche imbarazzo. Poi una giovane artista Siciliana,Emma Maugeri e un altro artista sperimentatore tra grafica,pittura e fotografia,Luca Galli.Spazi meritati e ragionati.
Non volendo fare un torto a nessuno degli altri meritevoli artisti della personale,si e' riconfermata Marialuisa Sabato,per consensi e attestazioni di stima e ammirazione.E mi auguro con lei di poter continuare perche' faccia parte della rosa preziosa di nomi che desideriamo portare avanti,certi di questo talento tutto Italiano che deve distinguerci in altre remoti parte del mondo.

Meg
-E certamente l'artista vi regalera' la fiducia che meritate perche' il vostro e' un interesse piu' che pulito,non essendo voi mercanti d'arte o persone meramente interessate al denaro.
E racconta anche della collettiva e degli artisti e come hanno reagito in Giappone.

Maugeri
-Sai che i gusti sull'arte sono sempre assolutamente soggettivi e piu' sono svincolati da condizionamenti accademici o tecnici e piu' sono genuini.
Noi abbiamo puntato su cio' che era assolutamente giusto in termini di collettiva,e queste servono,in caso di successo e riscontro,a preparare quel "precedente" che ti da poi la naturale possibilita' di crescita in termini proiezionali con una personale,che senza collettiva non avrebbe senso,essendo tutti artisti ,si di valore,ma sconosciuti in Giappone.E questo e' avvenuto anche questa volta.Ovviamente non con tutti perche' sarebbe troppo bello ma ci sentiamo realizzati e gratificati anticipandoti gia' dei nomi per il prossimo evento,fissto per il 3 marzo 2010 a Fukuoka,con i nomi degli artisti Riccardo Perale,Maurizio York e Silvia Cerroni,quest'ultima una talentosissima giovane stilista di gioielli che con i suoi preziosi pezzi unici ha destato pure alcuni giovanissimi forse per curiosita' arrivati in galleria.
Ho suggerito a qualche altro artista della collettiva di osare ma non sempre per gli artisti e' cosi' facile volere e potere.Ci auguriamo sempre e comunque che tutto possa essere.

Meg
-E mi parlavi di una diversa formula di promozione in Giappone.

Maugeri
-Siamo stati ospitati in un talk show Giapponese in uno dei canali di punta a Fukuoka. Fortunatamente per l'audience poche inquadrature su di me e gioia e' diventata ,come merita,la primadonna della situazione,che alla fine ho ribattezzato affettuosamente e con la complicita ' dei conduttori e della produzione televisiva Giapponese,"La Regina di Fukuoka". Un giorno poi scherzosamente,prima di partire,abbiamo fatto delle foto spiritose di Gioia con una coroncina in testa che avrei voluto inviarti ma non vorrei che il tono serioso si perdesse,di tutto intendo.E' ovvio che il divertissement non deve mancare mai,altrimenti si perde lo spirito del tutto. Ma con Gioia e' stata soprattutto una bella vacanza piena di risate e ironia anche su spiacevolezze che abbiamo incontrato e che ci hanno fortificati invece che scoraggiarci.

Meg
-E di cui non ne vuoi parlare,ma sappi che qui da me hai sempre una zona franca e libera per tutto cio' che vuoi. Quando a tempo debito servira' ne approfiterete perche' e' giusto.
Intanto parliamo di arte,come recita Bukowsky nelle prime righe di "Storie di ordinaria Follia" e l'accostamento non mi sembra poi sbagliato.

Maugeri
-Brava !La frase intera era :"Adesso lasciamo perdere le c. ate,e occupiamoci di roba seria.Arte. "Ricordo tra i miei film preferiti di venti anni fa questo di marco Ferreri con un credibilissimo Ben Gazzara che mi stimolo' a Bukowsky e a leggere quasi tutto di lui. Ma rimango sempre Burroughsiano perche' piu' rock e piu' nella mia generazione. E per questo grazie anche a Fernanda "Pivanda" Pivano.

Meg
-Allora alla prossima con tue nuove e della "Regina di Fukuoka",Gioia Villanova.


di Meg Lante Della Rovere

Posted by: MEG LANTE DELLA ROVERE | February 11, 2010 at 12:08 AM


Franco Serretti

This slideshow requires JavaScript.

L’estro e l’uso del colore fanno di Serretti un pittore molto apprezzato ed al tempo stesso molto discusso, imponendosi come arista in virtù delle proprie qualità istintive. La sua tecnica permette di interpretare in chiave cromatica i segreti della natura, traducendoli sulla tela con la pastosità tipica della sua pennellata e con il sentimento profondo che anima l’artista. Immune da preconcetti formali, culturali, letterali ma sedotto dallo spettacolo della natura, ritrae liberamente e con grande sensibilità ciò che incontra, generando entusiasmo creativo. Ogni pennellata attinta dalla sua tavolozza si rivela ricca e corposa, colmando la tela di luce e poesia


Toru Iwaya - Artista giapponese

artista e pittore giapponese:
Toru Iwaya (85)
artista marziale giapponese:
Hitohiro Saito (64)
atleta keniota:
Henry Rono (69)
attore australiano:
Jesse Spencer (42)
attore britannico:
Simon MacCorkindale (69)
attore canadese:
Michael Ironside (71)
attore statunitense:
Josh Brolin (53) Lochlyn Munro (55) Raphael Sbarge (57)
attore tedesco:
Benjamin Sadler (50)
attrice australiana:
Saskia Burmeister (36)
attrice e modella svedese:
Maud Adams (76)
attrice inglese:
Afshan Azad (33)
attrice pornografica ceca:
Silvia Saint (45)
attrice statunitense:
Sarah Lancaster (41) Christina Ricci (41) Christine Elise (56)
attrice svedese:
Alexandra Dahlström (37)
calciatore albanese:
Andi Lila (35)
calciatore argentino:
Claudio Acosta (33) Nicolás Otamendi (33)
calciatore austriaco:
Ronald Gërçaliu (35)
calciatore bielorusso:
VjaÄ aslaÅ­ Hleb (38)
calciatore ceco:
Lukáš Zelenka (38)
calciatore francese:
Guillaume Borne (33)
calciatore ivoriano:
Gérard Gnanhouan (42)
calciatore nigeriano:
Julius Aghahowa (39)
calciatore norvegese:
Morten Skjønsberg (38)
calciatore portoghese:
Félix Mourinho (83)
calciatore russo:
Dmitrij VjaÄ eslavoviÄ Los'kov (47)
calciatore scozzese:
Colin McMenamin (40)
calciatore senegalese:
Omar Daf (44)
calciatore spagnolo:
à ngel Vivar Dorado (47)
calciatore statunitense:
Jimmy Conrad (44)
calciatore tedesco:
Ron-Robert Zieler (32) Marcel Heller (35)
calciatore zambiano:
Jacob Mulenga (37)
cantante e attrice statunitense:
Chynna Phillips (53)
cantante e attrice turca:
Ajda Pekkan (75)
cantante e tastierista statunitense:
Michael McDonald (69)
cantante irlandese:
Lisa Hannigan (40)
cantautore e poeta spagnolo:
Joaquín Sabina (72)
cantautrice svedese:
Sophie Zelmani (49)
cardinale e arcivescovo cattolico spagnolo:
Agustín García-Gasco Vicente (90)
cestista albanese:
Ermal KurtoÄŸlu (41)
cestista croato:
KreÅ¡imir LonÄ ar (38)
cestista inglese:
Andrew Sullivan (cestista) (41)
cestista statunitense:
Jerry Green (41) A.J. Guyton (43) Jabari Smith (44) Scot Pollard (46)
chitarrista e compositore britannico:
Steve Hackett (71)
designer statunitense:
Cliff Bleszinski (46)
ex calciatore bulgaro:
Borislav Mihailov (58)
ex calciatore cileno:
Patricio Ormazábal (42)
ex calciatore e allenatore di calcio jugoslavo:
Velimir Zajec (65)
ex calciatore e allenatore di calcio rumeno:
Ioan Ovidiu Sabău (53)
ex calciatore e allenatore di calcio sudcoreano:
Hong Myung-Bo (52)
ex calciatore francese:
Jean-Pierre Cyprien (52)
ex calciatore tedesco:
Bernd Franke (73)
ex cestista e allenatore di pallacanestro statunitense:
Bill Russell (87)
ex cestista spagnolo:
Xavi Fernández (53)
ex cestista statunitense:
Larry Nance (62) Tom Ingelsby (70)
ex ciclista austriaco:
Helmut Wechselberger (68)
ex pugile statunitense:
Ron Lyle (80)
ex tennista portoricano:
Charles Pasarell (77)
ginnasta rumena:
Nicoleta Daniela Åžofronie (33)
giocatore di calcio a 5 spagnolo:
Adeva (giocatore di calcio a 5) (49)
giornalista canadese:
Rachel Marsden (47)
imprenditore svizzero:
Vittorio Emanuele di Savoia (84)
imprenditrice svizzera:
Marina Ricolfi Doria (86)
inventore e informatico statunitense:
Raymond Kurzweil (73)
modella e attrice pornografica norvegese:
Aylar Lie (37)
modella tedesca:
Claudia Ciesla (34)
musicista statunitense:
Ray Manzarek (82)
nuotatore polacco:
Przemysław Stańczyk (36)
nuotatore statunitense:
Peter Vanderkaay (37)
nuotatrice statunitense:
Carrie Steinseifer (53)
paleontologo e geologo svizzero:
Lukas Hottinger (88)
pallanuotista uzbeko:
Erkin Shagayev (62)
pilota automobilistico francese:
Patrick Gaillard (69)
pilota automobilistico giapponese:
Toranosuke Takagi (47)
pittore tedesco:
Nikolaus Lang (80)
politico israeliano:
Ehud Barak (79)
regista e sceneggiatore statunitense:
Darren Aronofsky (52)
regista greco:
Costantin Costa-Gavras (88)
rugbista e imprenditore francese:
William Téchoueyres (55)
rugbysta neozelandese:
Christian Cullen (45)
sciatore alpino statunitense:
Steven Nyman (39)
sciatrice alpina austriaca:
Petra Kronberger (52) Anita Wachter (54)
scrittore e editore statunitense:
Terry Bisson (79)
sollevatore vietnamita:
Ahn Tuan Hoang (36)
tennista spagnolo:
Juan Carlos Ferrero (41)


puoi cercare l'età e il compleanno del vip anche inserendo il suo cognome qui sotto


Russ Mills

This slideshow requires JavaScript.

Artista britannico e illustratore con sede a Kingsbridge, che definisce le proprie creazioni come una sorta di scontro di stili, classico, pop e surreale. Laureato presso l’Università di Leeds Met nel 1995, dopo aver completato una laurea in Arte e Graphic Design, specializzata in cinema sperimentale e animazione. Dopo aver trovato un lavoro retribuito in varie istituzioni non creativi è tornato alle origini e ha iniziato a lavorare con la penna, matita e computer. Ha trascorso quasi 20 anni di crafting competenze, assorbendo influenze da ogni aspetto della cultura visiva e l’archiviazione di oggetti trovati e effimeri di comprovare il suo lavoro. Ha lavorato come illustratore freelance con numerosi clienti nel campo dell’editoria e dello spettacolo, più recentemente, perseguendo la più tradizionale galleria / percorso espositivo con mostre personali a Londra e Bristol e mostre di gruppo nelle numerose sell out rilasci di stampa degli Stati Uniti e la copertura di tutto il mondo. Il suo lavoro attuale è uno scontro di stili dal classico al pop surrealismo, concentrandosi prevalentemente sulla figura umana, sebbene anche astraendo gli elementi della natura e del regno animale. Coprendo argomenti come la superficialità e l’isolamento procedendo in espressioni più socio-politiche.


Video: PENTATONIXが語る好きな日本人アーティスト