クマガイソウの写真

クマガイソウの写真

最高のサービスを提供するために、このサイトではCookieを使用しています。詳細については、当社の情報をお読みください。
閲覧を続けるか、[OK]をクリックするか、ページをスクロールすると、すべてのCookieの使用に同意したことになります。

OKクッキーに関する情報


アジアからの2つの姉妹アツモリソウ、C。japonicumとC.formosanum

2つの非常に美しい アツモリソウ 東アジアからの雹- C. japonicum そして C.フォルモサナム -そして、セクションからの属の唯一のメンバーです Flabellinervia。ほとんどの分類学者は明確であると考えていますが、 C.フォルモサナム と非常に密接に関連しています C. japonicum 一部の人はそれがそのより大きないとこの様々であると信じています。それらは、身長、花の色と形、そして重要なことに、栽培のしやすさの点で異なります。過去7年間これらの植物を育ててきた私は、庭でのそれらのニーズと耐性についての経験があります。見てみましょう C.フォルモサナム 最初。

C.フォルモサナム は、圧力を集めるために非常にまれになっている台湾の中央山脈のより高い標高に固有です。ありがたいことに、それは庭でかなり簡単な種であり、自然の塊です。その制限された範囲のために、それはおそらく遺物の人口であり、より広範囲に由来します C. japonicum。その分布が北回帰線にまたがっているという事実にもかかわらず、それが本来の範囲(2000-3000メートル)の高地でのみ成長することを考えると、それは実際には温帯植物です。

Cypripedium formosanumは、最も美しいCyp種の1つです。

この種は落葉性の陸生ハーブです。その2つの広い扇状のプリーツの葉は、軽く思春期の茎の中心で互いに向かい合って成長し、それぞれの幅は最大15cmです。茎は、1つの花とその花苞を支え続け、全高は14〜25cmの範囲です。花の唇は膨らんでおり、前面に楕円形のほぼとげのある開口部があります。スリッパの形をした花は全体がピンクのベースカラーで、濃い紫ピンクの斑点とまだら模様があります。これらは唇の開口部内に縞模様を形成し、花びらと背側がく片の基部にもより集中しています。花びらはかなり広く、唇は膨らんだふくらんでいるように見えます。仮雄蕊(柱を覆って取り付けられた盾形の構造)は、濃い赤紫色です。真っ白な形が存在し、鶏の歯と同じくらいまれです。

Cypripedium japonicumは、明るいアップルグリーンのがく片と花びらを持ち、C。formosanumよりも唇の膨らみが少ないです。

植物は長い匍匐茎の根茎から成長し、新しい成長は前年の成長から最大10cm程度です(根茎のこのセクションは節間と呼ばれます)。根茎(節)への付着点での各成長の基部には、短い、枝のない根(長さ10〜20cm)の塊があります。根茎自体はしばしば枝分かれしており、やがて植物は広い領域に大きな連続したコロニーを形成する可能性があります。

私はこの植物を約7年前に、最初は鉢で、次に庭で育て始めました。鉢植えの植物はかなり健康なままですが、開花が悪く、成長を促進しません。比較すると、開花していない茎が1つしかない植物は、上げ床に置かれ、わずか5年で10回の成長と9回の花に成長しました。鉢植えの問題は、生育期の根が熱くなっているようです。ポットは温暖な気候でも夏に熱くなる可能性がありますが、日本の亜熱帯の夏の暑さでは、その影響はより顕著です。それでも、鉢植えの植物は何年にもわたって存続しており、それはこの種がほとんどの条件を超えた条件に耐える能力を物語っています アツモリソウ 耐えることができます。

両方の種のこのベッドは3年目です。植物は光の方向を向いています。

C.ジャポンシウム は、中国中部、朝鮮半島、そして日本の本土の島々の広い地域で見られる広範囲の種です。興味深いことに、それは台湾には完全に存在しません。その範囲の一部ではまだかなり一般的ですが、圧力を集めることでますますまれになっています。特にこの種は種子から育てるのが難しいので、育てられている事実上すべての植物は野生で集められたものか、野生植物の分裂のどちらかです。インビトロでの発芽はせいぜいむらがあり、緑色の鞘が最高の収量を与える。お気に入り C.フォルモサナム、それは温帯種ですが、暑い夏の条件に耐えて繁栄することができます。

これらの鉢植え​​のCypripediumformosanumは7年目で、地面で育てられたものよりもはるかに活力がありません。

植物自体は非常に似ています C.フォルモサナム、しかしすべての点で大きいです。大きな標本はしばしばその南の隣人の半分のサイズであり、いくつかは高さ50cm近くまで立っています。茎も太く、思春期が長くなります。同様に、根茎の節間の長さはより長く、成長の間に20cmもあります。花は同じような大きさですが、色や形が異なります。唇は全体的にピンクのベースカラーですが、通常はパステルピンクほどではありません C.フォルモサナム、そして特に正面を向いている唇の開口部の周りに赤紫の縞模様としみがあります(のように C.フォルモサナム)。中国の標本は日本の植物よりも赤紫色になる傾向があります。

唇の形はもう少し細長く、その開口部の周りに目立つ「角」があります。がく片と花びらは心地よい薄リンゴ緑色で、基部にいくつかの紫色の斑点があり、薄緑色の毛があります。アルバのフォームは存在し、絶妙で高価です。開花サイズの区分は、ここ日本でさえあなたに700ドルから1000ドルを戻すでしょう。植物はより頑丈です C.フォルモサナムは、1つの場所に数千本の開花茎が存在する、さらに大きなコロニーを形成する可能性があります。

Cypripedium japonicumの大きなプリーツの葉は、それ自体が美しいです。

私は成長しました C. japonicum 今から5年間、運がまちまちでした。彼らは移植後1年はあまりうまくいかない傾向があり、2番目のシーズンは蒸気を拾い、3番目のシーズンはハイギアになり始めます。今年(2011年)には全部で24本の茎があり、合計10本の芽があります。3本は新しい植物であるため開花前に採取され、1本は打ち切られ、6本は開花しました。来年はもっと大きな作物があるはずです。私はこれらの美しさに我慢しなければなりませんでした!

の重要な問題 C. japonicum 少なくとも1つの完全なノード間、つまり来年の新しい成長芽とそのルーツを持つ部門を獲得しています 及び そのシーズンからの成長が完了し、そのルーツを持つ古いノード(まだ健全であるはずです)。新しい成長芽と根だけで分裂した場合、それはおそらくうまくいかず、死ぬことさえあります。

今シーズンの成長(右)、成長間の長い節間、来年の成長芽(左)と根を示すアツモリソウの台木。そのような部門はうまく移植されます。

私は森の端にある隆起したベッドで両方の種を育てています。ベッドの土台は土(粘着性のある火山性ローム)で、上半分は土、カヌマ、堆肥化した木と葉を混ぜ合わせたものです。この上には、6月にモンスーンの雨が降ったときに葉が腐るのを防ぐために厚さ1cmの軽石の層があります。どちらも太陽が好きではありませんが、朝の太陽は日の暑さが始まる前に大丈夫です。彼らは他のほとんどとは異なり、耐えることができ、深い日陰で開花することさえできます アツモリソウ、 ただし、明るい色合いが最適です。

幸いなことに、どちらもうまくバーナライズするために長くて寒い冬を必要としません。必要なのは、10 C(50F)未満で3か月です。同様に、彼らはそれを好まないが、両方とも夏の非常に暑い温度に耐えることができる。 2010年の夏は、私の地域で記録的に最も暑く、8月の平均気温は30.4 C(86.7 F)でした。彼らは、問題なく通過しました。 1つ-すべてのCypsと同様に、彼らは熱い根を好まないので、温暖な気候では鉢植えで育てることは悪い考えです。注目に値する C.フォルモサナム は少し寒さに敏感なので、冬によくマルチングするか、休息のために霜のない寒い部屋に置くように注意してください。

これは、2014年春に日本の南にある私の庭にいる両方の種のビデオです。

本来は C. japonicum 多くの場合、強い斜面の湿ったから湿った浸透性の領域で見られます。したがって、湿り気と排水の近くの矛盾のように見えるのは彼らの好みです。植物が高水分を必要としていることを考えると、ホルマンタイプの沼地でそれらを育てることが役立つかもしれないと私は言うでしょう。両方の種が乾燥してはいけませんが、 C. japonicum 特に乾燥した根が嫌いです。

クマガイソウの珍しいアルバの形は、日本でも求められており、高価なままです。

もう一つの問題は、彼らが活発な習慣のために重いフィーダーであるということです。私は成長中に頻繁に肥料を与え、他のアツモリソウよりも強い量で肥料を与えます。もちろん、無機肥料を使用している場合は、塩分が蓄積しないように、成長中の培地を絶えず洗い流す必要があります。ペレット状の有機肥料を使うことでこれを避けています。魚のエマルジョンも使用できます。もう1つの可能性は、使用する有機物の量を増やすことですが、注意しすぎると、腐敗の問題が発生する可能性があります。

見た目以外の2つの最大の違いは、文化のしやすさです。手を下げて、 C.フォルモサナム より簡単で、完全に死ぬ前にかなりの量の虐待を受けることさえできます。 C. japonicum 確かに、より大きく、甘やかされて育った姉妹です。注意すべき重要なことは C.フォルモサナム 熱帯地方の端にあることを考えると、それほど耐寒性は低く、驚くことではありません(高地ではありますが)。温室で栽培した場合、2月下旬から12月上旬まで緑を保つことができます。 C. japonicum 冬がはるかに厳しい北海道に育ちますが、4月から11月中旬までは緑を保つことができます。一般に C.フォルモサナム USDA耐寒性ゾーン6b-8aプラントですが C. japonicum ゾーン5a-8aから成長します。おそらく、少なくとも米国東部では、ゾーン7が両方の種に最適です。涼しい夏が優勢で、冬の休息が適切な場合、ゾーン9も問題ありません(カリフォルニア沿岸など)。

どちらも魅力的ですが、最初から始めることをお勧めします C.フォルモサナム 最初。実際、期間から始めるのは本当に良いキプロスです。 C. japonicum はより大きな課題なので、これに取り組む前に、より簡単な種のいくつかを試してみます。

このCypripediumformosanumの塊は、わずか5年前に単一の開花していない成長として始まりました。


概要

絶滅危惧種のランの保全に基づく移植の有効性を評価するため(クマガイソウ)、韓国で2009年から2015年の間に生息地管理(競合する下層植生の繰り返し除去)を受けている自然個体群と移植個体群の形態、生理学、幹数の変化、および個体群の生存率を比較しました。復元された場所は、自然の場所よりも透過光と土壌湿度が低かった。自然集団と移植集団は、葉の形態と総クロロフィル含有量が異なっていました(自然:1.00±0.04、復元:0.53±0.06)。モニタリング期間中、募集は発生しなかった。個体群の生存率は、回復した個体群で減少する傾向がありました(λG。 = 0.97, μ = −0.05, σ 2 = 0.036)そして自然人口の増加(λG。 = 1.07, μ = 0.03, σ 2 = 0.075)。競合する下層植生の繰り返しの除去は、両方の個体群で絶滅危惧種のランの葉の特性、豊富さ、および繁殖特性に異なる影響を及ぼしました。特に、生息地管理は自然界の茎数と開花率を増加させました C. japonicum しかし、結実率は増加しませんでした。したがって、生息地管理の努力が繰り返されたにもかかわらず(競合する下層植生の除去)、絶滅危惧種のランの移植された個体群の個体群生存率は結論付けられます。 C. japonicum 自然に発生する集団と比較して長期生存率が低く、その違いは主に不適切な移植部位の選択に起因します。

実践への影響

  • 絶滅危惧種のアツモリソウの保護に基づく移植では、種の生態とレシピエントの場所の状態を考慮する必要があります。
  • 成功した実生の定着と比較して、茎の数、葉の特性、および光合成能力は、無性生殖するランに対する短期間の回復効果のより良い指標です。
  • 下層植生の除去を繰り返すと、女性のスリッパーの花が密集し、自然に成長する個体群の果実の発達に悪影響を及ぼしました。
  • 生息地管理後に過剰な栄養繁殖体を自然の生息地に似た場所に移植すると、開花密度が低下し、開花時間が多様化するため、結実と繁殖が促進されます。


結果

微小胞子形成と微小配偶子形成

葯は二葉で四胞子状です(図1a)。成熟する前に、葯壁は5つまたは6つの層で構成されます:表皮、内皮、2つまたは3つの中間層、およびタペータム(図1b)。残念ながら、若い葯が不足していたため、葯壁の発達過程を確認することができませんでした。タペータムは腺状であり、その細胞は発生過程全体を通して単核です(図1b、d)。中間層は、胞子のテトラッド/ポリアドが遊離胞子を生成すると同時に縮退します(図1f)。一方、放射状の拡張に続いて内皮細胞の線維性肥厚が発生し、個々の細胞は高度に空胞化する(図1f)。同時に、内皮細胞の核が変性し始め、花粉粒が二核段階に達するとこのプロセスが完了します(図1g、h)。葯が拡大すると、表皮細胞は接線方向に伸長し、胞子形成の前または後に、それらの核が変性します。表皮と内皮の両方が持続します(図1g、h)。成熟した葯では、表皮は乳頭状であり、開花中に外面が光沢があり粘着性になり、縁が暗褐色になります(野外観察)。

葯と花粉粒の発達 クマガイソウ. 。若い花粉症の断面(CS)。 b。壁層を示す若い花粉症のCS。 c。小胞子の細胞質分裂。 d。葯壁と小胞子テトラッドを示す花粉症のCS。 です。さまざまな形の花粉テトラッド/ポリアドを伴う成熟した花粉症のCS。 f, g。成熟した花粉症のCSは、内皮の壁肥厚と葯の裂開の発達を示しています。 h。乳頭状の表皮と内皮の線維性肥厚を伴う成熟した葯壁。 インクルード。 2つの有核の熟した花粉粒。 略語:ent、内皮ep、表皮gc、生殖細胞ml、中間層mmc、小胞子母細胞po、花粉pt。、花粉管t、タペータムv、栄養細胞の核。スケールバー: =500μm、 b, d =50μm、 c-i =30μm、 です, f, g, h=100μm

胞子形成細胞は葯葉に弧状の構造を形成し、小胞子の母細胞に分化します(図1a、b)。小胞子の母細胞は減数分裂を起こし、小胞子を生じます。小胞子テトラッドの細胞質分裂は常に同時であり、結果として生じるテトラッドは、四面体、等二面体、T字型、または線形です(図1c、d、e)。小胞子では不均等な有糸分裂が起こり、その結果、楕円形の生殖細胞が小さくなり、核が丸い栄養細胞が大きくなります。したがって、開花中は花粉粒が二核になります(図1h、i)。いくつかの花粉粒は葯の内側に花粉管を発達させますが、受粉前にそれ以上の分裂が起こらない可能性があります(図1i)。葯の裂開は、同じ葉の2つのチャンバー間の共通の縦方向のスリットから起こります(図1g)。

胚珠

卵巣の胎盤隆起で隆起した分岐した珠心フィラメントのそれぞれは、珠心表皮の単層に囲まれた約4〜7個の珠心細胞を含みます(図2a)。最上部の珠心細胞は拡大し、原始細胞として機能します。その間、外皮は珠心フィラメントで始まり始めます。胚珠原基の外皮の起源は真皮です(図2b、c)。内側の外皮は最初に分化し、2細胞層になり、最終的に受精前にマイクロパイルを形成します。外側の外皮はわずかに遅れて分化しますが、内側の外皮と同様の方法で、受精後に内側の外皮を超えて成長します。この期間中、珠心フィラメントは定期的に増殖し、胎盤隆起に向かって曲がり始め、最終的に異栄養状態を示します。したがって、成熟した胚珠は、本質的に無核、二卵性、および異栄養性です(図2b、d)。

胚珠とメガガメトファイトの発達 クマガイソウ. 。原始細胞を伴う若い排卵フィラメント。 b-c。大胞子母細胞(MMC)と外皮の開始を伴う若い胚珠(Cの矢印は真皮細胞の分裂面を示します)。 d。異栄養性の双翅胚珠。 です。 MMCにおける減数分裂の第一段階。 f。 2つの等しくない大胞子ダイアド(矢印は大胞子の変性ダイアドを示します)。 g。大胞子の細長い機能的なダイアド。 hインクルード。大胞子の機能的ダイアドにおける減数分裂II。 略語:弧、原始細胞fc、大胞子iiの機能的ダイアド、内部外皮m、大胞子mmcの機能的ダイアドの核、大胞子母細胞oi、外部外皮s、紡錘体v、液胞。スケールバー: =500μm、 b, c, e-i=20μm、 d=50μm

巨大胞子形成と巨大配偶子形成

単一の原始細胞はサイズが大きくなり、MMCとして直接機能します(図2b)。 MMCのさらなる拡大に続いて、減数分裂の最初の段階が2つのダイアド細胞を形成し、そのうちカラザル細胞のみが機能します(図2d – f)。ダイアドの微小錐体細胞は、おそらく2回目の減数分裂の前または直後にすぐに変性し、胚嚢の発達全体がダイアドのカラザル細胞から起こります。微小錐体細胞の変性とともに、ダイアドの機能的なカラザル細胞は拡大し、伸長します(図2g)。ダイアドのカラザル細胞における2番目の減数分裂は、2つの主要な大胞子核を生成します(図2h)。 2回目の減数分裂の直後に、核が細胞の反対の極に移動します(図2i)。機能性大胞子の胞子内発芽中に大きな液胞が形成され、その結果、核が極に移動します。一次微小錐体およびカラザール核の最初の有糸分裂は、核が反対の極に完全に移動した後に起こり、各極に2つの核を持つ4核の胚嚢が形成されます(図3a)。この段階で、2つの微小錐体核は2回目の有糸分裂を経て4つの核を形成しますが、2つのカラザル核ではそれ以上の分裂は観察されません(図3b)。したがって、成熟した胚嚢には6つの核が含まれています(図3c)。 4つの微小錐体核は卵細胞、2つの相乗作用、1つの極性核を形成し、2つのカラザール核は極性核と対蹠細胞を形成します(図3d)。

開発メガガメトファイトと接合子 クマガイソウ. 。機能的ダイアドの核における最初の有糸分裂によって形成された4つの有糸分裂胚嚢。 b。 2回目の有糸分裂後の微小錐体核(長方形の線)。 c-d。 6つの有核成熟胚嚢。 です。花粉管。 f。接合子と胚乳の核(中央の細胞のアスタリスクは三重融合を示します)。 略語: アリ、対脚細胞、例えば、卵細胞en、胚乳核n、大胞子核po、極性核pt。、花粉管sy、相乗作用z、接合子。スケールバー: a-h=20μm

受粉と受精

葯は胚珠よりもはるかに早く成熟します。熟した葯は黄色で、表皮の外壁に光沢のある粘着性のある表面があります。花は5月2日から5日まで手で受粉されました。葯の粘着性のある表面は、葯を柱頭に取り付けるのに役立ちます。受粉中、花粉粒は二核であり、花粉管が発達し始めます。対照的に、珠心フィラメントは、始原細胞を組織化する準備ができているか、まだ準備ができていないかのどちらかです。生殖核はおそらく花粉管内で分裂し、2つの雄の配偶子を形成します。受粉後、花粉管はスタイルに沿って成長します。スタイラー運河での花粉管の成長を観察することはできませんでした。しかし、完了間近のMMCの減数分裂中、受粉(DAP)の21日後に胎盤葉に花粉管の広がりが観察され、胚嚢は2つの核段階に入った。花粉管の絡み合った塊は、巨大胞子形成が完了するまで胎盤細胞の近くに残ります。受精は受粉(WAP)のほぼ7〜8週間後に起こります。受精は多孔質です:花粉管はマイクロパイルを通って胚珠に入り、1つの雄の配偶子と卵子の融合によって2倍体の胚珠と3倍体の胚乳接合子をもたらします(図3e) 、f)。単一の対脚細胞は本質的に短命であり、受精後すぐに変性します(図3f)。胚乳接合子は一度分裂して二核になりますが、それ以上発達せず、胚が全空間を占める前に退化します。

胚発生

胚形成の前駆体である接合子は球状です(図4a)。接合子の最初の分裂は常に横方向であり、同じサイズのマイクロピラールとカラザール細胞をもたらします。有糸分裂の直後に微小錐体細胞が急速に伸長し、対照的に大きな液胞を獲得しますが、カラザル細胞は変化せず、細胞質が密集しています(図4b)。同時に、胚乳接合子の分裂も起こり、胚が球形の段階に達するまで、2核胚乳が存在します(図4b、d、h、i)。胚の両方の細胞は横方向に分裂し、4細胞の線形前胚を生成します(図4c、d)。サスペンサーとして直接機能する2つの微小錐体細胞ではそれ以上の分裂は観察されなかったが、2つのカラザール細胞は一連の分裂の後、胚様体全体を生成する。 2つのカラザル細胞のうち、横方向の分裂は下部の細胞で起こり、縦方向の分裂は上部の細胞で起こり、これらの4つは最終的に適切な胚を生じさせます(図4e、f)。適切な胚の細胞の両方の層での一連の分裂は、10細胞、次に16細胞の前胚をもたらします(図4g、h、i)。 16細胞の前胚の外層からの周縁部の分裂は、原皮を生じさせます(図4j、k、l)。サスペンサーは目立たず、2つのセルで表されていました。通常の有糸分裂はサスペンサーで起こり、最初は特別な修飾や発達を欠き、サスペンサーとして直接機能する2つの細胞を形成します。多胚性も観察されましたが、その頻度は非常に低かった(図5a – c)。

の胚の発達 クマガイソウ. 。プロ胚の開発。 b。前胚細胞の最初の分裂とそれに続く2つの胚細胞の不均等なサイズを形成する微小錐体細胞の伸長。 c。 3つの細胞の前胚(2つのカラザールと1つのマイクロピラール)を形成するカラザール細胞の2番目の横方向の分裂。 d。 4細胞の線形前胚を形成するカラザル細胞の3番目の分裂。 です。 5細胞の線形前胚(この段階で微小錐体細胞が分裂し、2細胞のサスペンサーを形成します)。 f。 2つの並置された細胞を示す5つの細胞胚のカラザル細胞における縦方向の分裂。 gインクルード。球状の前胚の初期段階を形成する前胚(胚乳核はこの段階の後に完全に退化する)。 jk。胚の原皮層を形成する胚性細胞(2つの基底サスペンサー細胞を除く)の周縁部分裂。 L。種子の内部空間全体を覆う完全に発達した胚。 略語:pem、pro-embryo pd。、protoderm layer s、suspensor sc、seedcoat。スケールバー: =20μm

での多胚性および種皮の開発 クマガイソウ. c。さまざまな段階の多胚。 d-f。種皮の発達を示す種子の横断面。 g。成熟した種子の縦断面。 略語:em、胚内線、外胚葉、前胚po、極核tg、tegmen tst、頭。スケールバー: a-e=20μm、 f=10μm、 g =30μm

種皮

のカプセル C. japonicum 細長い紡錘形から紡錘状の形状です。種子は、9月上旬に乾燥して熟した果実の縦方向のスリットから分散します。成熟した種子は茶色で、微細で、狭く楕円形で、湾曲しています。サイズ範囲は、長さ2.5±0.3 mm、幅0.15±0.07 mmです(3年連続の15カプセルからの種子、毎年5カプセル、および各カプセルからの少なくとも100種子に基づく測定)。成熟する前に、種皮は4つまたは5つの細胞層を持っています。精巣は2つまたは3つの細胞層で構成され、テグメンは2つの層で構成されます。最も外側の精巣外細胞は比較的大きく、断面が楕円形または不規則な形状に丸みを帯びています。 exotestaの後には、mesotestal層、次にendotestal層が続きます。これらの層は両方とも、エキソテスタと同様のタイプの細胞で構成されていますが、サイズは小さくなっています。最も内側の2つの層はテグメンを表しており、そのセルは断面が小さく細長いです(図5d – g)。成熟中、エキソテスタは乳頭状になり、残りの層は退化し、種皮全体は薄い紙の層で表されます。

生殖カレンダー

の生殖周期 C. japonicum 土の下で始まります。この研究で提示された観察に基づいて、 C. japonicum 用意ができていた。時間の経過に伴うすべての発達段階は、図6a、bおよび補足ファイルS1に示されています。葯の発達は、植物全体が土壌表面の下にある3月中旬に始まります。一次胞子形成細胞は花粉母細胞として直接機能し、このプロセスは3月下旬から4月上旬に発生します。花粉母細胞の減数分裂は、4月中旬までにさまざまな形の花粉四分子をもたらします。花粉粒の核は4月下旬に有糸分裂によって分裂し、花粉粒は5月上旬までに受粉の準備が整います。私たちの調査対象集団では、受粉の最適な期間は5月2日から7日でした。排卵の約2週間前に排卵が始まりました。原始細胞は4月の第3週に出現し、5月中旬頃まで続いた。 MMCは受粉(DAP)後5〜7日で観察され、5月の最後の週まで続きました。 MMCの減数分裂は、受粉(WAP)の2週間後に始まり、微小錐体細胞の変性とそれに続く最初の核分裂が、受粉のほぼ4週間後に発生しました。 2番目と3番目の核分裂は36〜45DAPで発生しました。したがって、 C. japonicum、 雌の配偶体は6〜7WAPで成熟します。受精は6月下旬から7月上旬にかけて約7–8 WAPまたは45–55 DAPで観察されましたが、接合子は7月上旬までに分裂し始め、2〜4細胞の線形前胚が約55–60DAPで形成されました。 4細胞前胚における一定の細胞分裂は、約65DAPの8細胞およびその後16細胞の球状胚をもたらした。 72〜80 DAP以内に、種子の内部全体が胚で満たされました。成熟した種子は90DAPで収穫されました。

の生殖カレンダー クマガイソウ それぞれの発達段階を表します。色付きの線は、対応するステージの期間を示します。対応する月の週を示す数字(1〜4)。 b の生殖カレンダー クマガイソウ 主な発達段階の花と果実で。青い線は、対応するステージの期間を示します。対応する月の週を示す数字(1〜4)


アツモリソウ 'エミル'

アイテム番号: 7477

ゾーン: 少なくとも4aから7b

休眠: 秋冬

高さ: 18 "背の高い

文化: パートサンからライトシェード

原点: ハイブリッド

ポットサイズ: 3.5 "ポット(24fl。オンス/0.7 L)?


クマガイソウの写真

Cypripedium japonicumThunb。 1784セクションFlabellinervia

クラークライリー博士と彼のアツモリソウページによる写真

通称日本アツモリソウ-日本では-熊谷宗-中国ではシャンマイシャオラン

花のサイズ3.6 "から4" [9から10cm]

日本、台湾、中国で、森林の腐植土が豊富な土壌や、竹の渓谷に沿った日陰の斜面で、標高1000〜2000メートルで、直立した4〜6インチ[10〜15 cm ]長い茎は、2つの反対側の、輪状の、しなやかな、鋸歯状の縁取りされた葉を持ち、春に直立した末端の密な絨毛で開花します。

同義語Cypripediumcathayenum S.S. Chien 1930 Cypripedium japonicumvar。 glabrum M.Suzuki 1980

参考文献W3Tropicos、Kew Monocot list、IPNI Icones plantarum formosanarum nec non et Contributors ad floram formosana Hayata 1912 Die Orchideen Schlechter 1915 Atlas des Orchidees Cultivees Constantin 1920 Drawing fide AOS Bulletin Vol 29 No 3 1960 photo fide Encyclopedia of Cultivated Orchids H #4 13-16 tafel 5 Rudolph Schlechter 1971 photo ok AOS Bulletin Vol 44#9 1975 photo fide Orchid Digest Vol 48 No 1 1984 photo fide Native Orchids of China in Color Singchi、Zhanhuo and Yibo 1999 photo fide Rudolf Schlechter Die Orchideen Band 1C lieferung 40 pg 2492-2564 Brieger 2000 ShaanxiのネイティブランShaanxiScience&Technology Press2007フォトファイドAOSBulletin Vol 77#7 2008フォトファイド中国の蘭のフィールドガイドSingchi、Zhongjian、Yibo、Xiaohua、Zhanhuo2009フォトファイドFlora of China Vol 25 Zhengyi、Raven&Deyuan 2009 Flora of China Vol 25 Illustrations Zhengyi、Raven&Deyuan 2010 Drawing fide AOS Bulletin Vol 80#4 2011 photo fide


アツモリソウ

種の概要 (52) 編集

雑種: (8) 編集

アツモリソウ L.、Sp。Pl。:951(1753)

  • タイプ種: カラフトアツモリ カール・フォン・リンネ、Sp。Pl。:951(1753)

同義語編集

  • Calceolus 工場。 、ガード。辞書Abr。 ed。 4(1754)
  • カルセオラリア 強盗。元Fabr。 、列挙型、エド。 2:37(1763)、公称値非合法名。
  • シゾペディウム Salisb。 、月刊改訂75:81(1814)
  • クリオサンテス ラフ。 、アメル。月刊誌&クリティカル改訂2:268(1818)
  • ヒヨコマメ L.C.ベック、ボット北。中州:352(1833)
  • サコドン ラフ。 、Fl。テルル。 4:45(1838)
  • 下垂体 Rchb。 、申命記。ボット。ハーブ-ブッフ:56(1841)
  • シリペディウム ズマグル。 、Fl。Pedem。 1:18(1859)
  • キプリペディロン セントラグA.Cariot、ÉtudeFl。、ed。 8:(1889)
  • フィシペス 小さい、Fl。S.E。米国:311(1903)
  • ヨーロッパ
    • 北欧
      • デンマーク、フィンランド、イギリス、ノルウェー、スウェーデン。
    • 中央ヨーロッパ
      • オーストリア、ベルギー、†チェコスロバキア、ドイツ、ハンガリー、ポーランド、スイス。
    • 南西ヨーロッパ
      • フランス、スペイン。
    • 東南ヨーロッパ
      • ブルガリア、ギリシャ、イタリア、ルーマニア、ユーゴスラビア。
    • 東ヨーロッパ
      • ベラルーシ、バルト諸国、クリム、中央ヨーロッパロシア、東ヨーロッパロシア、北ヨーロッパロシア、南ヨーロッパロシア、北西ヨーロッパロシア、ウクライナ。
  • アジア-温帯
    • シベリア
      • Altay、Buryatiya、Chita、Irkutsk Krasnoyarsk、Tuva、West Siberia、Yakutiya。
    • ロシア極東
      • アムール、カムチャツカ、ハバロフスク、千島列島、マガダン、沿海地方、サハリン。
    • 中国
      • 中国中南部、内モンゴル、満州、中国中北部、青海、中国南東、チベット。
    • モンゴル
      • モンゴル。
    • 東アジア
      • 日本、韓国、台湾。
  • アジア-熱帯
    • インド亜大陸
      • 東ヒマラヤ、ネパール、パキスタン、西ヒマラヤ。
    • インドシナ
      • ミャンマー、ベトナム。
  • 北アメリカ
    • 亜寒帯アメリカ
      • アリューシャン列島、アラスカ、ヌナブト準州、ノースウェスト準州、ユーコン準州。
    • 西部カナダ
      • Alberta, British Columbia, Manitoba, Saskatchewan.
    • Eastern Canada
      • Labrador, New Brunswick, Newfoundland, Nova Scotia, Ontario, Prince Edward Isle, Québec.
    • Northwestern U.S.A.
      • Colorado, Idaho, Montana, Oregon, Washington, Wyoming.
    • North-Central U.S.A.
      • Illinois, Iowa, Kansas, Minnesota, Missouri, North Dakota, Nebraska, Oklahoma, South Dakota, Wisconsin.
    • Northeastern U.S.A.
      • Connecticut, Indiana, Maine, Massachusetts, Michigan, New Hampshire, New Jersey, New York, Ohio, Pennsylvania, Rhode Islands, Vermont, West Virginia.
    • Southwestern U.S.A.
      • Arizona, California, Utah.
    • South-Central U.S.A.
      • New Mexico, Texas.
    • Southeastern U.S.A.
      • Alabama, Arkansas, Delaware, Georgia, Kentucky, Louisiana, Maryland, Mississippi, North Carolina, South Carolina, Tennessee, Virginia, District of Columbia.
    • Mexico
      • Mexico Central, Mexico Northeast, Mexico Gulf, Mexico Northwest, Mexico Southwest, Mexico Southeast.
  • Southern America
    • Central America
      • Guatemala, Honduras.

Primary references Edit

Additional references Edit

  • Beck, L.C. 1833. Botany of the Northern and Middle States, or, A description of the plants found in the United States, north of Virginia, arranged according to the natural system, with a synopsis of the genera according to the Linnaean system— a sketch of the rudiments of botany, and a glossary of terms. 471 pp. Printed by Webster and Skinners, Albany. BHLReference page.
  • Cribb, P. 1997. The Genus Cypripedium. Portland, Oregon: Timber Press ("Botanical Magazine Monographs") Royal Botanical Gardens, Kew. ISBN 0-88192-403-2
  • Eccarius, W. 2009. Die Orchideengattung Cypripedium. Phylogenie, Taxonomie, Morphologie, Biologie, Verbreitung, Ökologie, Hybridisation. Bürgel, Germany: EchinoMedia Verlag Dr. Kerstin Ramm, 384 pp. ISBN 978-3-937107-19-6Reference page.
  • Pridgeon, A.M. , Cribb, P.J. , Chase, M.W. & Rasmussen, F.N. (eds.) 1999. Genera Orchidacearum Volume 1: General Introduction, Apostasioideae, Cypripedioideae page 114 ff., Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-198505-13-2

Links Edit

  • 'eFloras 2009. Cypripedium in Flora of China vol. 25 Orchidaceae --> pdf Cypripedium
  • Global Biodiversity Information Facility . 2020. GBIF Backbone Taxonomy. Checklist dataset. Taxon: Cypripedium. Accessed: 2020 Sep 2.
  • Govaerts, R.et al. 2020. Cypripedium in Kew Science Plants of the World online. The Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the internet. Accessed: 2020 Sep 2. Reference page.
  • Govaerts, R.et al. 2020. Cypripedium in World Checklist of Selected Plant Families. The Board of Trustees of the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the internet. Accessed: 2020 Sep 2. Reference page.
  • International Plant Names Index . 2020. Cypripedium. Published online. Accessed: 2 Sep 2020.
  • The Plant List 2013. Cypripedium in The Plant List Version 1.1. Published on the internet. Accessed: 2020 Sep 2.
  • Tropicos.org 2020. Cypripedium. Missouri Botanical Garden. Published on the internet. Accessed: 2020 Sep 2. ]

azərbaycanca: Zöhrəçiçəyi
български: Циприпедиум
čeština: střevíčník
dansk: Fruesko
Deutsch: Frauenschuhe
Ελληνικά: Κυπριόπους
English: Slipper orchids
español: Zapatilla de Dama
eesti: Kuldking
suomi: Tikankontit
français: Sabot de Vénus
日本語: アツモリソウ属
перем коми: Циприпедиум
коми: Циприпедиум
lietuvių: Klumpaitė
latviešu: dzegužkurpītes
мокшень: Циприпедиум
polski: Obuwik
русский: Башмачок
slovenčina: črievičník
slovenščina: Lepi čeveljc
svenska: Guckuskosläktet
татарча/tatarça: Кәккүк читеге
удмурт: Циприпедиум
中文: 杓兰属


Video: 瑞穂町の耕心館 絶滅危惧種ニホンクマガイソウが満開